Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

竪琴【たてごと】

世界大百科事典 第2版

たてごと【竪琴】
C.ザックスの楽器分類法による弦鳴楽器のうちの,ハープ型(ハープ)やリラ型(リラキタラ)のように,に構えて直接手で奏する弦楽器を指す。しかしハープには水平にして奏する型(水平型)も存在し,リラにも横にして奏するギリシア時代の図像が残されており,この用語法は厳密さを欠く。竪という日本語に該当する西欧語はなく,文学的・詩的表現を目的とする場合によく使われる,やや古めかしい語である。【船山 信子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

竪琴
たてごと

竪に構えて弾く弦楽器の文学的、詩的表現。ハープ形(ハープ、箜篌(くご)など)とリラ形(リラ、キタラなど)の2種ある。いわゆる「ビルマの竪琴」とは、ハープ形のサウンのことである。

[柴田典子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たて‐ごと【竪琴】
〘名〙 ハープのこと。また、ハープ型、リラ型弦楽器の総称。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「サンドラ、ベロニが月下に竪琴を弾いて、以太利亜風の歌を〈略〉うたってゐる所は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たて‐ごと【×竪琴】
ハープリラなど、縦に張った弦を弾奏する楽器。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竪琴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竪琴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.