Rakuten infoseek

辞書

【ドウ】

デジタル大辞泉

どう【童】[漢字項目]
[音]ドウ(慣) [訓]わらべ わらわ
学習漢字]3年
〈ドウ〉子供。わらべ。「童画童顔童心童貞童話悪童学童奇童児童小童(しょうどう)神童村童牧童幼童
〈わらべ〉「童歌京童
[名のり]わか
[難読]河童(かっぱ)小童(こわっぱ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わっぱ【童】
《「わらわ」の音変化》
子供をののしっていう語。また、子供。
「道具捜しにまごつく―」〈露伴五重塔
年少の奉公人。小僧。
「傘を車の輪のように地上に廻して来る―もあれば」〈花袋田舎教師
男子が自分のことを卑下していう語。
「―に仰せ付けられば」〈浄・用明天王
横暴な人。あばれ者。乱暴者。
「彼奴(きゃつ)、音に聞く不敵の―よな」〈・関八州繋馬〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらし【童】
(主に東北地方で)子供。わらべ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらべ【童】
《「わらんべ」の撥音の無表記から》子供。児童。わらわ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらわ〔わらは〕【童】
束ねないで、垂らしたままの髪。童形の髪。また、そうした10歳前後の子供。童児。また、童女。わらべ。
「清げなる―(=童女)などあまたいで来て」〈・若紫〉
使い走りの子供。召使い。
「例の御文つかはさむとて、―参りたりやと問はせ給ふほどに」〈和泉式部日記
五節(ごせち)の童女(わらわ)」に同じ。
「(天皇ガ五節ノ舞ヲ)御覧の日の―の心地どもは、おろかならざるものを」〈紫式部日記
寺院で召し使う少年。
「―の法師にならんとする名残とて」〈徒然・五三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらん‐べ【童/部】
《「わらわべ」の音変化》「わらべ」に同じ。
「―に還り愚に及ぶ」〈根無草・後〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わらべ【童】
わらんべ,わらわ,わらわべ,わろうべともいい,童部とも表記した。普通には男女を問わず元服以前の児童(童子・子ども)をさした。童というのは10歳前後とする考え方もあるが,そのように限定してしまうと,かえって童の語にふくまれていた豊富な内容が見失われかねないともいえる。なぜならば,成人女性は謙遜して自分をさすのに〈わらわ〉の語をもちいたし,また,年齢的にはけっして児童ではないにもかかわらず,髪風もふくめて姿形が〈童形(どうぎよう)〉(後述)であるものを童・童子などと呼んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

わらわ【童】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わっぱ【童】
わらわ(童)の転
子供。 傘を…地上に廻して来る-もあれば/田舎教師 花袋
子供や男性をののしっていう語。 小- 音に聞く不敵の-よな/浄瑠璃・関八州繫馬
年少の奉公人。 能登殿ノ-菊王トユウモノ/天草本平家 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらし【童】
子供。わらべ。主に東北地方でいう。 座敷-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらべ【童】
わらわべの転じたわらんべの撥音の無表記
子供。小さい子。 里の-
子供の召し使い。わらわべ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらわ【童】
三歳くらいから元服前の子供。童児。 老人おいひとも女おみな-も/万葉集 4094
子供の髪形の一。束ねないで垂らしたもの。 解き乱り-になしみ/万葉集 3791
貴族の家や寺社などで、雑事に使われた子供。 -の法師にならんとする名残りとて/徒然 53
五節ごせちの童女わらわに同じ。 大嘗会の御禊に物見ける所に-の侍りけるを見て/拾遺 恋一詞

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらんべ【童】
わらわべの転
子供。また、元服をしない、童形のままの者。 是こそ京-のよぶなる上総の悪七兵衛景清よ/平家 11

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


わらわ
幼児より年長で未成年の子供の称。元服前の少年と裳着(もぎ)前の少女をいうが、10歳前後の者をさす場合が多く、女子をとくに区別して「女(め)の童」「童女(わらわめ)」などということもある。限定的には、雑役に従事したり、供として従う召使いの少年や、小間使いの少女などをさすほか、寺院の召使いとして雑用や給仕の任にあたる少年の称でもあった。また、これらの童は髪を束ねないで下げ垂らしていたので、この童形の髪型の称でもあった。[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わっぱ【童】
〘名〙 (「わらわ(童)」の変化した語)
① 子どもをののしっていう語。また一般に、子どものこと。
※曾我物語(南北朝頃)八「あのわっぱめを弟とおぼしめされ」
② 男子が、自分のことを卑下していう語。
※幸若・烏帽子折(室町末‐近世初)「御身のなむもあるまじき、わっぱがとがものがるべし」
③ 男をののしっていう語。
浄瑠璃・関八州繋馬(1724)四「音に聞く不敵のわっぱよな」
④ 年少の奉公人。年若い下僕。
※天草本平家(1592)四「ノトドノノ vappa(ワッパ) キクワウト ユウモノ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらし【童】
〘名〙 子ども。小児
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)二「女児(ワラシ)の身」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらべ【童】
〘名〙 (「わらわべ」の変化した「わらんべ」の撥音「ん」の無表記から)
① 子ども。子どもら。児童。
※名語記(1275)二「童部をば、わらべ、下部をば、しもべなど、よめり」
② 召し使う子ども。また、召し使う童姿の男女。
源氏(1001‐14頃)若菜下「ことに上らふにはあらぬわかき人、わらべなど、おのかじしものぬひけさうなどしつつ」
③ 自分の妻をへりくだっていう語。
※大鏡(12C前)一「これはそののちあひそひてはべるわらべなり」
[補注](1)②の挙例の「源氏物語」は「わらはべ」とする異本もあり、「わらべ」は作品成立時の語形ではないとする説がある。
(2)「日葡辞書」には、「Varabe(ワラベ)、または、ワランベ」とのせて、いずれも子どもの意とする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらわ わらは【童】
〘名〙
① 稚児(ちご)より年長で、まだ元服しない者。一〇歳前後の子ども。童子。
※万葉(8C後)一八・四〇九四「老人(おいひと)も 女(をみな)童児(わらは)も しが願ふ 心だらひに」
※源氏(1001‐14頃)帚木「わらはに侍し時、女房などの物語よみしを聞きて、いとあはれにかなしく」
② 子どもの髪のように、束ねないで下げ垂らした髪。童形(どうぎょう)の髪。
※万葉(8C後)一六・三七九一「蜷(みな)の腸(わた) か黒し髪を ま櫛もち ここにかき垂れ 取り束(つか)ね あげてもまきみ とき乱り 童児(わらは)になしみ」
③ 召使の童男、童女。また、童姿の召使。相当な年齢の者にもいう。
※万葉(8C後)一六・三八四二「小児(わらは)(ども)草はな刈りそ八穂蓼(やほたで)を穂積の朝臣が腋草(わきくさ)を刈れ」
※平家(13C前)二「無動寺法師乗円律師がわらは、鶴丸」
④ 特に、五節(ごせち)の童女(わらわ)の称。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年一一月二二日「丹波の守のわらはの、青い白橡(しらつるばみ)の汗衫(かざみ)、をかしと思ひたるに」
⑤ 寺院で召使う少年。
※霊異記(810‐824)上「然して後に少子元興寺の童子(ワラハ)と作る〈興福寺本訓釈 童 和良波〉」
※徒然草(1331頃)五三「これも仁和寺の法師、童(わらは)の法師にならんとする名残りとて、おのおのあそぶ事ありけるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらわ・ぐ わらはぐ【童】
〘自ガ下二〙 子どものようにする。子どもっぽい様子をする。
※源氏(1001‐14頃)朝顔「ちひさきは、わらはげて、よろこびはしるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

童の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.