Rakuten infoseek

辞書

【ショウ】

デジタル大辞泉

しょう〔シヤウ〕【章】
文章や楽曲などの全体の構成の中で、大きく分けた区分。「を改める」
ひとまとまりの文章。
しるし。記章。「会員の
古代中国の文体の名。上奏文の一様式。
古代中国の暦で、19年のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう【章】[漢字項目]
[音]ショウ(シャウ)(呉)(漢) [訓]あや
学習漢字]3年
文字でつづった文。「玉章詞章断章文章
資格・身分などを示すしるし。「印章記章勲章校章褒章帽章喪章(もしょう)紋章腕章
文や音楽の一区切り。「章句章節楽章終章序章
箇条書きにした法令。「憲章典章
[補説]原義は、はっきりとしたあや・しるし。
[名のり]あき・あきら・き・たか・とし・のり・ふさ・ふみ・ゆき
[難読]周章(あわ)てる章魚(たこ)玉章(たまずさ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょう【章】
文・楽曲などの大きなひとまとまり。段落・節などより大きい。 「三つの-から成る」
ひとまとまりの文や詩。 「筆を下せば-と成り/懐風藻」
しるし。記章。 「校-」 「部員の-」
勲章・褒章など。 「 -と綬じゆ
いん。印章。判。 「協会会長の-」
〘仏〙 経典の教義を注釈・解説したもの。
中国の文体の一。上奏文の様式。
古代中国の暦法で、19年のメトン周期のこと。 → メトン周期
[句項目] 章を断ち義を取る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう シャウ【章】
〘名〙
① 文章、楽曲などを構成する部分のうちの大きな段落。
※日本書紀兼倶抄(1481)上「十一品に章を分ぞ」 〔論衡‐正説〕
② 一まとまりの文章、一編の詩歌。あやのある文章。
※懐風藻(751)大友皇子伝「下筆成章。出言為論」 〔史記‐楽書〕
③ 古代中国の文体の一つ。天子に上書して、恩を謝し、慶賀を表するもの。〔独断‐上〕
④ くだり。箇条。〔史記‐高祖本紀〕
⑤ いん。印章。押手(おしで)。はんこ。〔漢官儀〕
しるし。標識。〔国語‐周語中〕
⑦ 勲章、褒章などの記章をいう。
※勲章等級製式及大勲位菊花章頸飾製式(明治二一年)(1888)「一 宝冠章〈略〉章 宝冠と竹桜の形を以て飾る」
⑧ おきて。のり。規則。また、手本。〔詩経‐大雅・抑〕
⑨ 織物のもよう。あや。〔易経‐説卦〕
⑩ 区別。わかつこと。〔孔子家語‐曲礼子貢問〕
⑪ 古代中国における暦法の一周期。一九年をいう。
※令集解(738)職員「古記云。暦数。十九年為一章」 〔周髀算経‐下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

章の関連情報

他サービスで検索

「章」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.