Rakuten infoseek

辞書

竜山文化【りゅうざんぶんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

竜山文化
りゅうざんぶんか
Long-shan culture
中国で仰韶文化の次に現れる新石器時代末期の文化。山東省歴城県竜山鎮城子崖の調査により初め学界に知られたのでこの名がある。解放後の調査によって,竜山文化は廟底溝第2期文化,陝西竜山文化河南竜山文化山東竜山文化 (典型的竜山文化) の4つの文化に分類されている。廟底溝第2期文化は竜山文化中で最も古く河南竜山文化,陝西竜山文化がこれに続く。従来山東地方で発見されていた黒陶主体とする文化は山東竜山文化にあたる。これらの各種の竜山文化は黄河中流域から遼東半島,揚子江下流地方にまで分布する。土器は粗灰陶を主体として黒陶も多く含まれ,石刀や石斧などの石器や,骨角器も発見される。生産形態は農耕牧畜の併用で,一般に階級差の未発達な段階である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅうざん‐ぶんか〔‐ブンクワ〕【竜山文化】
中国、黄河中・下流域に栄えた新石器時代晩期の文化。仰韶(ぎょうしょう)文化大汶口(だいぶんこう)文化に次いで興ったもので、黒陶の使用を特徴とする。最初に発見された城子崖遺跡がある山東省竜山鎮にちなむ命名ロンシャン文化

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうざんぶんか【竜山文化 Lóng shān wén huà】
中国,黄河中下流域の新石器時代後半期の文化。初め,山東省歴城県竜山鎮城子崖の発掘によって得た黒陶を特徴とする文化とされたが,新中国建設後の黄河中流の調査によって2系統の竜山文化があることがわかり,以後山東省のそれは山東竜山文化,または典型竜山文化と称されるようになった。 黄河中流の竜山文化は陝西,河南,山西南部,河北南部,安徽北西部に広がり,仰韶(ぎようしよう)文化より興ったものである。前後の2段階に分かれ,前段階は河南省陝県廟底溝第2期文化に代表される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りゅうざんぶんか【竜山文化】
中国、新石器時代後期に黄河の下・中流域に栄えた文化。黒陶が特色で、麦・粟を主とする農耕や、牧畜・採集・狩猟が行われた。山東省歴城県竜山鎮の城子崖が代表遺跡。ロンシャン文化。 → 仰韶ぎようしよう文化

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

竜山文化
りゅうざんぶんか
中国の黄河中・下流域で仰韶(ぎょうしょう)文化に次いで興った新石器時代晩期の農耕文化。中国読みでロンシャン文化ともいう。1930~31年に李済(りさい)、梁思永(りょうしえい)らによって山東省歴城県竜山鎮の城子崖(じょうしがい)遺跡が調査されたとき、上下二層ある文化層のうちの下層から多数の石器、貝器、骨角器とともに黒色磨研の土器(黒陶(こくとう))が発見され、黄河流域の重要な先史土器として注目された。竜山文化の名はこの遺跡名に由来する。その後、河南省安陽県後岡(こうこう)遺跡において、仰韶文化層の上に竜山文化層、そしてその上に殷(いん)代の文化層の層序関係が発見され、この文化の編年的位置が定まった。さらに1950年代に河南省陝(せん)県廟底溝(びょうていこう)遺跡の調査において、下層の仰韶文化層のすぐ上の層が仰韶文化から竜山文化への過渡的性格のものであることから、竜山文化が仰韶文化から連続発展したものであることが確かめられた。
 竜山文化の広がりは仰韶文化よりもはるかに広く、しかも各地域ごとに特徴をもって成長して著しい地域差を示している。したがって竜山文化は、早期の廟底溝第二期文化、河南竜山文化(後岡第二期文化)、陝西(せんせい)省竜山文化(客省荘第二期文化)、山東竜山文化の四類型がある。さらにまた、周辺部にも大きな影響を与え、北は渤海(ぼっかい)を隔てて遼東(りょうとう)半島に伝わり、西北にも伝わって斉家(せいか)文化を生み出した。揚子江(ようすこう)流域の良渚(りょうしょ)文化もその例である。竜山文化の特徴は、土器製作にろくろを使って緻密(ちみつ)で堅く卵殻のように薄い黒陶がつくられたことである。黒陶の器形には鼎(かなえ)、鬲(れき)(か)(げん)(き)などの三足器があり、こののちずっと続く中国の陶器や青銅器の基本的な器形がだいたい出そろっている。住居は竪穴(たてあな)式のものであるが、床面に石灰を塗り固めるものが盛行した。磨製石器は一段と精巧なものとなり、石や貝製の鎌(かま)、骨製の鋤(すき)、木製の鋤(耒(らい))など新しい農具が登場し、農業経済は著しい発展を遂げた。さらに動物の骨を焼いて吉凶を占う卜骨(ぼっこつ)の風習が始まった。すでに青銅製品が登場していることや土器製作の専業化など、生産の各分野における著しい技術的な発達は、古い生産関係を打破して高文明の生まれる諸条件を整え、やがて夏(か)王朝を生み出す母体となった。したがって竜山文化は、その後ずっと繁栄してゆく中国文明の母体ともいいうる黄河文明の中核をなしているのである。C‐14による年代は紀元前2500年から前1700年を示している。[横田禎昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜山文化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竜山文化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.