Rakuten infoseek

辞書

立花牧童【たちばな ぼくどう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

立花牧童 たちばな-ぼくどう
?-? 江戸時代前期-中期の俳人。
立花北枝の兄。加賀金沢藩の御用研師(とぎし)。元禄(げんろく)2年(1689)松尾芭蕉(ばしょう)が「おくのほそ道」行の途上,金沢にきたときに入門。16年各務(かがみ)支考共編で「草刈笛」を刊行した。通称は研屋彦三郎。別号に松葉,帯藤軒,圃辛亭。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

精選版 日本国語大辞典

たちばな‐ぼくどう【立花牧童】
江戸前期の俳人。加賀国(石川県)の人。北枝の兄。研刀師で、加賀藩の御用を勤める。芭蕉門。はじめ談林俳諧に親しんだが、芭蕉の加賀来遊の時にその門に入った。北枝とともに加賀蕉門の中心をなした。享保初年(一七一六)頃没か。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立花牧童」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立花牧童の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.