Rakuten infoseek

辞書

立后【リッコウ】

デジタル大辞泉

りっ‐こう【立后】
皇后皇太后太皇太后)を正式に定めること。きさきだち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りつこう【立后】
皇后のにつくこと。皇后冊立ともいう。天皇嫡妻を皇后といい,令制では内親王を皇后としたが,729年(天平1)聖武天皇藤原光明子夫人から皇后に立てて令制の原則が崩れた。ついで平安時代醍醐天皇の女御藤原穏子が皇后に立てられて以来,女御から皇后に冊立される例が多くなった。また皇后が後宮内の一地位となって,天皇と配偶関係がなくても立后が行われるようになった。しかし室町時代以降,江戸時代初頭に至る間,立后は中絶し,後水尾天皇の女御源和子を皇后に冊立して立后のが再興された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りっこう【立后】
皇后を正式に定めること。皇后を冊立さくりつすること。りゅうごう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅうごう【立后】
りっこう立后

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りっ‐こう【立后】
〘名〙 三后(皇后・皇太后・太皇太后)を正式に定めること。
※小右記‐長和元年(1012)四月一八日「修理大夫来談雑事、多立后間雑事也」 〔史記‐文帝紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立后」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立后の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.