Rakuten infoseek

辞書

立(ち)前【タチマエ】

デジタル大辞泉

たち‐まえ〔‐まへ〕【立(ち)前】
旅に立つ前。出発する前。
仕事に対する報酬。かせぎ。日当。
「その日の―を此方(こっち)へちゃくぶくして」〈魯文安愚楽鍋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて‐まえ〔‐まへ〕【立前/建前】
原則として立てている方針。表向きの考え。「―と本音」「―を崩す」
行商人や大道商人が商品を売るときの口上。売り声。
「さあさあこれからがこちの商売…、ああこりゃ―どころぢゃない」〈浄・歌祭文

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たち‐まえ ‥まへ【立前】
〘名〙
① 旅に出発する前。旅行の前。
② 労働に対する報酬。労賃。また、労働者のその日の生活費。たちまい。たてまえ。たち。
※談義本・八景聞取法問(1754)四「一日に十六文さへ儲れば、先づ其日の(タチマヘ)取とよろこべば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立(ち)前」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立(ち)前の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.