Rakuten infoseek

辞書

立入宗継【たてりそうけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

立入宗継
たてりそうけい
[生]享禄1(1528)
[没]元和8(1622)
安土桃山時代の禁裏御倉職,金融業者。近江国野洲郡立入の出身と伝えられる。当時新興織田信長に取入り,元亀2 (1571) 年信長宮廷経済の建直しを目的として創設した京都の貸米制度の管理にあたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たてり‐そうけい【立入宗継】
[1528~1622]安土桃山時代の京都の金融業者。名は「むねつぐ」とも。宮廷の御倉職(みくらしき)に任ぜられ、正親町(おおぎまち)天皇の命で織田信長上洛を促した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

立入宗継 たてり-むねつぐ
1528-1622 戦国-織豊時代の商人。
大永(だいえい)8年1月5日生まれ。立入宗長(むねなが)の子。京都で土倉(どそう)(金融業)をいとなむ。禁裏御倉職(きんりみくらしき)(財政担当)もつとめ,正親町(おおぎまち)天皇使者として織田信長をたずね,その京都入りをうながす。天正(てんしょう)6年信長と石山本願寺和睦(わぼく)を斡旋(あつせん)。見聞をまとめた「立入宗継記」がある。元和(げんな)8年9月26日死去。95歳。号は隆佐。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たてりそうけい【立入宗継】
1528‐1622(享禄1‐元和8)
安土桃山時代の京都の町衆。名は与介。禁裏御倉立入氏の出で,内裏近辺の橘辻子(ずし)で土倉を営む。1562年(永禄5)兄与次を追って禁裏御倉職の地位を確保し,立入家嫡流となる。68年の織田信長入京にあたり禁裏の使者として下工作を行い,71年(元亀2)皇室財政立直しを企図して信長が新設した御貸米制度を管理し,また78年(天正6)には信長と石山本願寺の和睦を斡旋した。【高橋 康夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たちいりむねつぐ【立入宗継】
たてりそうけい立入宗継

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たていりむねつぐ【立入宗継】
たてりそうけい立入宗継

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たてりそうけい【立入宗継】
1528~1622 安土桃山時代の京都の商人。近江国野洲郡立入の出身。織田信長の命により皇室経済の復興にあたり、信長と石山本願寺との和睦を斡旋。たていりむねつぐ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

立入宗継 (たてりむねつぐ)
生年月日:1528年1月5日
戦国時代;安土桃山時代の商人。天皇家の家産を司る
1622年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たていり‐むねつぐ【立入宗継】
室町末期の金融業者。京都の人。「たてりそうけい」ともいう。父宗長を継いで、朝廷の御蔵職をつとめ、御料所の回復などに尽力、その窮乏を救った。享祿元~元和八年(一五二八‐一六二二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立入宗継」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立入宗継の関連情報

関連キーワード

ポントルモグリューネワルト享禄ナルバエスパラケルスス薬師寺明智光秀明智光秀犬筑波集王陽明

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.