Rakuten infoseek

辞書

立三味線【タテジャミセン】

デジタル大辞泉

たて‐じゃみせん【立三味線】
《「たてしゃみせん」とも》長唄浄瑠璃などで、2挺(ちょう)以上の三味線で演奏する場合、その首席として他をリードする演奏者。また、その三味線奏者としての格式。たてざみせん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて‐ざみせん【立三味線】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たてじゃみせん【立三味線】
邦楽演奏用語。〈タテ〉とは第一席に座る者のことをいい,三味線の場合その者を三味線という。唄,三味線のタテはそれぞれの持ち場の境目に座る。三味線の場合は雛壇の上壇の上手(向かって右側)に並ぶので,そのもっとも左側,壇の中央に近く,立唄と並んで位置する。立三味線は三味線演奏の全責任を負う主役である。【長尾 一雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たてじゃみせん【立三味線】
長唄・浄瑠璃などで二人以上の三味線方が演奏する場合の、首席の三味線方。たてざみせん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たて‐ざみせん【立三味線】
〘名〙 (「たてさみせん」とも) =たてじゃみせん(立三味線)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて‐じゃみせん【立三味線】
〘名〙 (「たてしゃみせん」とも) 長唄、浄瑠璃などを二挺(ちょう)以上の三味線で合奏する場合、その首席として他をリードする三味線の演奏者。その一座における最高の三味線ひき。たてざみせん。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)二上「あくる歳はたて三味線おかしらだあ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立三味線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立三味線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.