Rakuten infoseek

辞書

窮理【キュウリ】

デジタル大辞泉

きゅう‐り〔キユウ‐|キウ‐〕【窮理/究理】
物事の道理・法則を明らかにすること。
「小力を合(がっ)して大力とするの―」〈魯文安愚楽鍋
朱子学における学問修養の中心課題の一。広く事物の道理をきわめ、正確な知識を獲得することで、そのために読書をすすめた。→居敬(きょけい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうり【窮理】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐り【窮理・究キウ理】
〘名〙
① 物事の道理、法則をきわめること。
※正法眼蔵(1231‐53)栢樹子「究理坐禅してみるべし」 〔易経‐説卦〕
② 朱子学における修養の中心課題の一つ。格物致知の方法により、一事一物の道理をきわめ、そこに一貫する原理を発見すること。
※集義和書(1676頃)九「善を知ながらせず、悪を知ながら不去は〈略〉良知にあらずともいひがたし。いまだ窮理の功いたらずして、精義入神の実地なければなり」 〔朱熹‐甲寅行宮便殿奏箚二〕
※柳橋新誌(1874)〈成島柳北〉二「余れ将に諸を西洋窮理の諸先生に問はんとす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窮理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

窮理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.