Rakuten infoseek

辞書

窮理通【キュウリツウ】

デジタル大辞泉

きゅうりつう【窮理通】
江戸後期の物理学書。8巻。帆足万里(ほあしばんり)著。天保7年(1836)成立、安政3年(1856)一部刊。西洋の物理学書を参考に、暦法・地球・引力・大気・生物などを論じたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうりつう【窮理通】
豊後日出(ひじ)の儒者帆足万里が1836年(天保7)完成した西欧物理学の体系的な紹介書。8巻。J.J.L.deラランドの《天文志》,ミュッセンブルークの《窮理書》その他10余種の原書をもとに暦術,太陽系,地球,引力,生物類の広範囲にわたる学説を網羅し,かつ批判する。同じ豊後で半世紀前に〈条理学〉をとなえた三浦梅園の説が高遠にすぎるので,万里は具体的に〈物に則して理の現れる〉学をめざした。そのモデルを洋学に見いだし,蘭書読解の苦心を経て完成したのが本書である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうりつう【窮理通】
物理学書。八巻。帆足ほあし万里著。1836年成稿。全文出版は1926年(大正15)。近世西洋科学知識をもとに原暦・地球・引力など八編にまとめたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

窮理通
きゅうりつう
自然科学書。理学者帆足万里(ほあしばんり)の著。全8巻。1810年(文化7)ごろ初稿を完成、しかし誤謬(ごびゅう)ありとして自ら破棄、35年(天保6)新たに執筆に入り、翌年いちおう完成するが満足せず、42年ごろも執筆を続けた。結局生前には公刊されず、没後、56年(安政3)に一部公刊された。
 内容は、原暦(暦法)、大界(恒星、銀河)、小界(太陽系)、地球、引力(光学、力学など)、大気(気体)、発気(気象)、諸生(動植物、生物など)からなる。オランダ語科学書の紹介にとどまらず、批判も加え独自の見解も示している。そこには近代的な科学思想、科学批判の姿勢がみられる。[菊池俊彦]
『帆足図南次著『帆足万里』(1966・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうりつう【窮理通】
江戸後期の物理学書。八巻。帆足万里著。天保七年(一八三六)自序。安政三年(一八五六)一部刊行。全文刊行は大正五年(一九一六)。西洋の物理学書を参考にして、太陽系、引力、大気など八項目にわたって物理一般を論じたもの。精密な記述、科学的な処理により、日本の自然科学史上、重要視される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窮理通」の用語解説はコトバンクが提供しています。

窮理通の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.