Rakuten infoseek

辞書

【まど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


まど
建築物の壁面屋根に設けた開口部で,おもに採光換気,景観を目的とする。壁面に開口部をつくる手法は,日本では平安時代頃までは,大陸の影響の強い寺院建築以外ほとんど使用されていない。その後,連子窓,花頭窓,下地窓などが住宅に使われるようになり,現在みられるような書院窓も普及してきた。建築設計上,窓が内部空間,外観に与える役割は非常に大きく,設計者が意を凝らす要素の一つとなっている。構造,形状などの相違によって名称もさまざまであるが,取付け位置や機能によれば,天窓,煙出し窓,高窓,欄間窓,出窓掃き出し窓などが一般的なものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう【窓】[漢字項目]
[音]ソウ(サウ)(漢) [訓]まど
学習漢字]6年
〈ソウ〉
まど。「窓外蛍窓獄窓車窓船窓
まどのある部屋。「学窓深窓同窓
〈まど〉「窓口窓辺出窓天窓
[補説]「窗」は異体字。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐ど【窓/×窗/×牖】
《「ま(目)と(門)」の意》
部屋の採光・通風などのために壁や屋根の一部にあけてある穴。ガラスや障子などで外界と仕切る。
山稜(さんりょう)の一部が深いV字形に切れ込んで低くなった所。越中でいう。きれっと。
株式などのチャートで、連続する蝋燭足値幅が重ならずに空いた、価格隙間。急騰・急落の局面で現れる。→窓埋め
[下接語]煽(あお)り窓明かり窓揚げ窓曰(いわ)く窓臆病(おくびょう)窓織部窓回転窓隠し窓風(かざ)窓飾り窓火灯(かとう)窓ガラス窓北窓狐(きつね)窓切り窓櫛形(くしがた)窓格子窓小窓色紙窓下地窓書院窓高窓陳列窓突き上げ窓出窓天窓二重窓覗(のぞ)き窓掃き出し窓・嵌(は)め殺し窓・張り出し窓引き窓肘(ひじ)掛け窓聖(ひじり)窓・開き窓・船窓フランス窓学びの窓丸窓虫籠(むしこ)窓武者窓無双窓物見窓指窓横窓鎧(よろい)窓連子(れんじ)窓連双(れんそう)窓

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイジェイFX用語集

前日の値段から離れた値段で寄り付き、引けて、前日の価格との間に空白を作った場合、
その部分を窓と呼びます。

出典:ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

FX用語集

ローソク足チャート上にて、ある1本のローソク足とその右隣のローソク足との間に上下方向の隙間ができたときに、その隙間を「窓」といいます。

出典:(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

森村誠一の長編ヒューマン・ミステリー。1991年刊行。牛尾刑事シリーズ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランスの画家ロベール・ドローネーの絵画(1912)。原題《Fenêtres ouvertes》。幾何学的な構成で、色と光の躍動感を描くオルフィスムと呼ばれる画風を確立したドローネーの代表作の一つ。ロンドン、テート所蔵。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金魚の体色の名。赤い顔の頭頂部のみ、四角い窓のように白いもの。丹頂の逆。白の面積が大きいものは大窓または額縁、小さいものは小窓という。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まど【窓】
人の出入りを目的とせずに壁,屋根に設けられた開口部の総称。窓の機能と目的は,大別して三つある。(1)通風,換気。これは,〈窓〉を意味する英語のwindowが〈風の目〉を原義とすることにも表れている。(2)採光。(3)建物内部から外の眺望を得ること。窓には,目的,形態,位置,開閉方式,構造形式,創作者などにより,非常に多くの分類名称がある。 目的による名称には,換気窓,採光窓,のぞき窓のほか,特殊なものとして防火窓,防水窓,防虫窓,遮音窓,気密窓,放射能遮断窓などがある。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

まど【窓/窗】
採光・換気・眺望などのために建物の壁・屋根などに設ける開口部。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


まど
window
建築物において壁または屋根に設けられる開口部のうち、そこから人間の出入りしないものをいう。建築物に窓をつくる目的は採光および換気を主とするが、眺望、監視のために設けることもあり、ときに緊急時の避難口としても活用される。建物の使用目的によっては(たとえば恒温恒湿状態を必要とする工場建築など)、いわゆる無窓建築をつくることもあるが、一般の居室においては直接外気に面する開口部を室面積に応じてかならず設けなければならないことを建築基準法に規定(同法28条、同法施行令19条・20条および109条)しており、もしその条件を欠くときはこれにかわる設備を完備しなければならない。
 窓は屋内から見て目の高さに開くのが普通であるが、機能によっては特異なところにも設けられる。床に接してつくるものを掃出(はきだ)し窓、内法高(うちのりだか)(出入口鴨居(かもい)の高さ)より上に設けるものを欄間(らんま)、屋根に設けるものが天窓である。また躯体(くたい)(建物の主体構造部)外壁の面から張り出してつくるものを出窓という。屋内の天井または屋根裏が著しく高い場合は越(こし)屋根を設け、その側面を窓とすることがあり、高窓またはクリアストリーclearstoryとよばれ、工場建築やゴシック式教会堂建築に応用されている。[山田幸一]

開閉の機構

窓の形状は、その目的、開閉の機構、材料、建物の構造などにより多種多様で、それに意匠上の要請まで加わればその種類はまさに千差万別である。まず開閉の機構に従って分類すれば次のとおりである。
(1)嵌殺(はめころ)し。開閉のできない窓で、建物躯体に固定された枠にガラスなどを建て込み、もっぱら採光、眺望などの用に供されるもの。外部に対する開口をすべて嵌殺しとすれば自然換気はまったく不可能となるので、その場合は完全な空気調整設備を必要とする。
(2)引違い。和風建築にもっとも普通にみられるもので、複数の建具を敷居、鴨居につけられた溝またはレールに沿って水平に移動させ開閉する機構。建具をレール上の任意の位置に止められるので採光や換気の量を調整しやすい。この特徴をル・コルビュジエが注目してヨーロッパで用いて以来、日本の洋風建築にも逆輸入された。建具の数は2枚または4枚の場合が多く、この場合は2本のレールで開口幅の2分の1まで開放することができる。3枚引きの場合はレールを3本とし建具を1か所に重ねることにより最大3分の2まで開放しうる。開口幅が広くなるときは6枚引きとすることもある。建具は水平に移動させるので、その形があまり縦長になると取扱いが困難となり、縦横の比は2対1が限度とされる。
(3)引込み。建具を水平に移動し壁の裏に引き込むもの。窓の片側に引き込むものを片引き、両側に分けて引き込むものを両引きまたは引分けといい、いずれの場合もレールは1本である。引違いに比し窓幅いっぱいを開放できるのが特徴である。
(4)上げ下げ。2枚の建具を窓枠両側の溝に沿って上下に移動させるもの。いわば縦形の引違いである。建具を個々に動かせるようにしたものと、1枚を動かせば他の1枚も連動するものとがあり、前者は分銅を用いて建具と、後者は2枚の建具の重量を等しくすることによって均衡を保ち、いずれも任意の位置で建具を静止できるようくふうされている。機構からいって縦長の窓に適し、そのような形の窓の多かったヨーロッパでの歴史は古いが、日本では明治開国に伴う洋風建築技術の導入とともに流行した。引違いと異なり開口の上下を開放することになるので換気の効率はよいが、なにぶんにも機構が複雑で故障をおこしやすい難があり、現在ではあまり採用されない。
(5)両開き。2枚の建具を窓枠の両側に取り付けた垂直軸を中心に回転させ開閉するもの。外側に開くものを外開き、内側へのものを内開きという。主として洋風建築に好まれるが、日本でも外開きを観音開きと称し土蔵の窓などに用いられてきた。建具の形は縦長が適していることはいうまでもない。
(6)片開き。両開きの建具を1枚にしたもの。
(7)突出し。片開きの軸を水平に取り付けた形。外壁の窓に用いる場合は、雨仕舞(あまじまい)の関係から窓の上枠に軸を取り付け、建具の下側を外方へ突き出して開くのが普通であるが、間仕切り壁の欄間などでは光線や音響の反射を考慮して上側を突き出す場合もある。突出しを天窓に用いた場合は突上げという。日本では草庵(そうあん)茶室の屋根に用いられていた。
(8)辷出(すべりだ)し。突出しに似るが、建具を開くにしたがって回転軸が上下に移動する機構になったもの。突出しに比して建具を開く角度が大きく、壁面に対しほとんど直角にすることができる。
(9)回転。建具を垂直または水平に回転させるもの。いずれも回転軸は建具の重心を通るように取り付け、90度まで開けられる。突出しなどに比し建具の外面を掃除するのに便利である。
 以上が現行の建築で普通に採用される開閉機構であるが、このほか防火シャッター用の巻上げ方式や目隠し用のアコーディオン方式なども必要に応じて使用される。さらに特殊なものとして無双(むそう)窓がある。これは関西の古い町家(まちや)にみられる「むしこ窓」の開閉に使用されるもので、一定間隔を置いて並んだむしこ格子の寸法にあわせて格子状のすきまをもつ板の建具をつくり、格子1本の幅だけ建具を水平に移動させればむしこ窓全体の開閉ができるようにくふうされたものである。[山田幸一]

材料

木造真壁(しんかべ)造の窓は、建具を敷居、鴨居と両側の柱の間に建て込むのが普通であるが、その他の構造では別に窓枠をつくり建具をはめる。このような枠と建具とを一体にしたものをサッシといい、その構成材の種類によって木製サッシ、鋼製サッシ、アルミサッシなどとよぶ。一般に木製より金属製のほうが防水性や気密性に優れるが、鋼製ではとくに防錆(ぼうせい)に注意しなければならない。窓ガラスは透明板ガラスのほか、見通しを遮る場合には磨(すり)ガラス、曇りガラスなどを、防犯・防火上必要とするときは強化ガラス、網入りガラスなどを、それぞれ使い分ける。ステンドグラスは嵌殺し窓に限り、移動する建具に使用することは困難である。そのほか色ガラス、波板ガラス、模様をつけた型板ガラスが遮光または装飾用に、熱線吸収または透過ガラスが医療施設用などに、それぞれの目的に応じて使用される。またガラスにかえてプラスチック板の用いられることもある。障子紙には白色和紙を使用するが、雨のかかりやすいところでは油引きの紙、ごくまれには布を使用することもある。[山田幸一]

日本建築における窓

日本の伝統様式である木造建築は架構式構造で、壁は非耐力壁である。この種の構造では窓をいかに大きくとっても構造を阻害せず、極端な場合、柱と柱の間をすべて吹放しとすることすら可能で、「家の作りやうは、夏をむねとすべし」(徒然草(つれづれぐさ))という主張にもっとも適合する通風のよい家屋をつくることができ、結果として屋外の庭園や自然の景観と融合した建築空間をつくった。窓はその媒介となるものであるから、いきおいその形状意匠も豊富になる。これに対し組積式構造を主流とする洋風建築では壁は耐力壁となり、そこへ開口をとることはそれだけ構造を弱めることになり、窓は小さくならざるをえない。「建築工事の歴史は、強度を落とさずに壁体に大きな窓をつくるための絶えざる努力の歴史であった」(ジャン・ジャンベル『カテドラルを建てた人びと』)という西欧建築家の嘆きはこのことを雄弁に物語っている。このような建築では、壁は目だっても窓の意匠はおのずから単調となり、とくに組積式においては構造上、幅の狭い縦長の窓はとれても横長のものは困難で、しいてこれをつくろうとすれば窓上辺にアーチを組まなければならず、このアーチの扱いがわずかに窓の形状に変化を添えるだけである。このような比較からいっても、日本建築における窓の効用は大きいといえる。
 日本の窓の開閉機構には引違いや引込みがもっとも多いが、寝殿造で用いられる蔀(しとみ)は一種の突出し型、土蔵の窓を有事の際に閉じる土戸は両開きまたは片開き型で、窓ではないが社寺の出入口や一般邸宅の門でも両開き型は珍しくない。
 窓の形は方形が基準であることはいうまでもないが、特異なものとしてまず火灯(花頭(かとう))窓がある。これは鎌倉時代以降、禅宗様寺院を中心に用いられたもので、上辺を宝珠もしくは火炎を思わせる曲線にしている。下地(したじ)窓は土壁の一部を塗り残し、壁下地の小舞(こまい)を格子に見立てた窓で、形は方形のほか円形にする場合もある。この型で格子を除いた大きい円窓はとくに吉野窓とよばれる。連子(れんじ)窓は竪(たて)格子を細かく入れた窓で、神社建築などにみられ、格子を横に通したものが武者窓である。また、むしこ窓は塗込めの竪格子を一定間隔に並べたもので、町家2階の外壁の窓に用いられ、関西地方では古い町並みを飾る一つの風物詩となっている。
 窓とくに日本建築の窓では、建具を二重、三重に建て込むことも多い。内側から数えて紙障子、ガラス障子、雨戸を重ね、なおこのほかに虫よけの網戸の加わることもある。[山田幸一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

窓の関連情報

他サービスで検索

「窓」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.