Rakuten infoseek

辞書

突(き)指【ツキユビ】

デジタル大辞泉

つき‐ゆび【突(き)指】
[名](スル)指先に強く物が当たったりして、指の関節や腱(けん)を痛めること。「キャッチボールで突き指する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つきゆび【突指 sprained finger】
指を伸ばした状態で,指先がかたいものに当たって急激に指先の屈曲が強制されたときに生ずる外傷。野球のボールを捕るとき誤って指先に当てたような場合にしばしばみられる。突指すると指は遠位指節間関節で屈曲位をとり,自分ではこれを完全に伸展できないので,その外見から槌指とも称されている。遠位指節間関節背側の腱が断裂したり,腱付着部の骨が剝離(はくり)するため,この関節を自動的に伸展することが不能となる。治療は新鮮例はもとより,すでに2,3ヵ月も放置された陳旧例に対しても,もっぱら非手術的方法がとられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

つき‐ゆび【突指】
〘名〙 指骨間関節の捻挫、打撲、骨折、脱臼などをいう。局所が腫れて痛む。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉総見「ベース・ボールの突指(ツキユビ)で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

突(き)指」の用語解説はコトバンクが提供しています。

突(き)指の関連情報

他サービスで検索

「突(き)指」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.