Rakuten infoseek

辞書

空気ブレーキ【くうきブレーキ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

空気ブレーキ
くうきブレーキ
air brake; pneumatic brake
エアブレーキともいう。圧縮された空気を動力として作動させるブレーキ。用途から次のように分けられる。 (1) 自動車用 エンジン駆動の小型圧縮機によってタンク内にたくわえられた圧縮空気をブレーキペダルで作動させ,ブレーキシュー圧力を加えて制動する。大きなブレーキ力が得られ,牽引する後部の車体にも同時にブレーキがかけられるので,大型車やトレーラに使用される。 (2) 鉄道車両用 タンク内の圧縮空気をブレーキシリンダに送り,これと連動するブレーキシューに圧力を加えて制動する。圧縮空気を直接シリンダに送る直接式と,ブレーキ管内の圧力を減圧してタンク内の空気との差圧で作動させる間接式とがある。後者は貫通ブレーキ (各車両に同時に作用するブレーキ) に用いられ,列車が分離してもただちにブレーキがかかるので保安上有用である。そのため自動空気ブレーキとも呼ばれる。なお,10両編成以上の列車では,空気圧力の伝達に時間遅れが生じるため電磁弁を併用する。この形式を電磁空気ブレーキという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くうき‐ブレーキ【空気ブレーキ】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くうきぶれーき【空気ブレーキ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くうきブレーキ【空気ブレーキ】
エアブレーキ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くうき‐ブレーキ【空気ブレーキ】
〘名〙 (ブレーキはbrake) =エアブレーキ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空気ブレーキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

空気ブレーキの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.