Rakuten infoseek

辞書

穴穂部間人皇女【あなほべのはしひとのこうじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

穴穂部間人皇女
あなほべのはしひとのこうじょ
[生]?
[没]推古29(621).12.21. 大和
用明天皇の皇后。聖徳太子の母。欽明天皇皇女。母は蘇我稲目 (そがのいなめ) の娘小姉君 (おあねぎみ) 。天寿国繍帳は彼女と太子をいたんで,太子の橘大郎女 (たちばなのおおいらつめ) が采女 (うねめ) に織らせたもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

穴穂部間人皇女 あなほべのはしひとのおうじょ
?-622* 飛鳥(あすか)時代,用明天皇の皇后。
欽明(きんめい)天皇の皇女。母は蘇我小姉君(そがの-おあねのきみ)。用明天皇元年(586)皇后となる。厩戸(うまやどの)皇子(聖徳太子),来目(くめの)皇子,殖栗(えくりの)皇子,茨田(まんたの)皇子を生んだ。推古天皇29年12月21日死去。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あなほべのはしひとのひめみこ【穴穂部間人皇女】
?‐621(推古29)
欽明天皇の皇女。埿部(はつかしべ)穴穂部皇女,法隆寺金堂釈迦三尊像銘では鬼前太后とも記す。母は蘇我稲目の女小姉君(おあねのきみ)。同母の兄弟に穴穂部皇子や崇峻天皇らがいる。父を同じくし,母の同母姉の堅塩媛(きたしひめ)を母とする用明天皇の后となり,聖徳太子,来目皇子,殖栗皇子,茨田皇子を生んだ。天皇の後,天皇と異母妹蘇我石寸名との子である田目皇子と結ばれ,佐富女王を生んだ。【勝浦 令子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

穴穂部間人皇女」の用語解説はコトバンクが提供しています。

穴穂部間人皇女の関連情報

関連キーワード

竇建徳穆公王世充穆公穆公アダムズ方式梅毒台風15号豪雨災害イスラム圏からの観光客新井堀の内遺跡の埋蔵銭

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.