Rakuten infoseek

辞書

穴ヶ葉山古墳【あながはやまこふん】

国指定史跡ガイド

あながはやまこふん【穴ヶ葉山古墳】

福岡県築上(ちくじょう)郡上毛(こうげ)町下吉原にある古墳。大分県と福岡県の県境をなす山国川左岸に展開する丘陵の東斜面に位置する。1939年(昭和14)に国の史跡に指定された。この古墳は、現存する3基の古墳群の中核をなす古墳で、穴ヶ葉山1号墳と呼ばれる。径が約30mの円墳で、馬蹄形の周濠がめぐらされる。内部の横穴式石室は巨大な1枚岩で囲まれ、出土した遺物から6世紀末から7世紀前半に築造されたものと考えられている。玄室へと続く羨道(せんどう)の壁には線刻壁画が見られ、画題は木葉文をはじめ、魚、人物、虫、鳥、など。とくに木葉文は全長52cmと大きく、葉脈も表現されている。装飾古墳には彩色文様が描かれたものもあり、中・北部九州で発達したが、穴ヶ葉山古墳のような線刻文様の装飾古墳が数基見られ、鳥取県や島根県にはよく似た手法のものがあることから、その地域的な分布関係が注目されている。JR日豊本線中津駅から車で約20分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

穴ヶ葉山古墳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

穴ヶ葉山古墳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.