Rakuten infoseek

辞書

穏当【オントウ】

デジタル大辞泉

おん‐とう〔ヲンタウ〕【穏当】
[名・形動]
おだやかで無理がないこと。また、そのさま。「取り扱いに穏当を欠く」「穏当な処置」
すなおでおとなしいさま。
「何でも此のあたりに評判の美(い)い女で、それで優しくって、―で、人柄で」〈鏡花照葉狂言
妥当(だとう)[用法]
[派生]おんとうさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おんとう【穏当】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
物事に無理がなく理屈にもかなっている・こと(さま)。妥当。 「 -な処置」 「 -を欠く」
従順でおとなしい・こと(さま)。 「優しくつて-で/照葉狂言 鏡花
[派生] -さ ( 名 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おん‐とう ヲンタウ【穏当】
〘形動〙
① 物事がむりなく、よく道理にかなっているさま。妥当なさま。〔運歩色葉(1548)〕
※道草(1915)〈夏目漱石〉二一「何うしてもっと当に私を観察して下さらないのでせう」 〔杜牧‐宣州留贈詩〕
② 柔順で人に逆らわないさま。おだやかで、すなおなさま。のんびりしているさま。おんと。
※玉塵抄(1563)一四「唐人の老人や詩人文人貧者は馿にのるぞ馬上で詩句を案ずるぞ、おんたうではやうないほどに物を案ずるによいぞ」
滑稽本・魂胆夢輔譚(1844‐47)四「全体あの子僧は私の末っ子でチトおんとうで困ります」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穏当」の用語解説はコトバンクが提供しています。

穏当の関連情報

他サービスで検索

「穏当」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.