Rakuten infoseek

辞書

【コク】

デジタル大辞泉

こく【穀】
人がその種子などを食用にする農作物。米・・豆など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく【穀】[漢字項目]
[音]コク(呉)(漢)
学習漢字]6年
米・麦・粟(あわ)など、常食とする作物。「穀物穀類五穀雑穀新穀脱穀百穀米穀
[名のり]よし・より
[難読]穀潰(ごくつぶ)し

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たな‐つ‐もの【穀】
《田からとれる物の意》
稲の種子。また、稲。
「稲を以て―と為す」〈神代紀・上〉
穀物。
「五つの―を送り給ふ」〈天智紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こく【穀】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

穀 (カジ)
植物。クワ科の落葉小高木・高木,薬用植物。カジノキ別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穀 (コウゾ)
学名:Broussonetia kazinoki
植物。クワ科の落葉低木

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穀 (タナツモノ)
植物。イネ科一年草,薬用植物。イネの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こく【穀】
〘名〙 (「ごく」とも) 田畑でつくられ、人が常食にするもの。また、麦、粟、キビ、ヒエ、豆などのこと。特に米をいう場合もある。こくもつ。たなつもの。
※続日本紀‐大宝三年(703)七月甲午「以災異頻見年穀不一レ登」
※小学読本(1873)〈榊原芳野〉一「箕は穀の塵を去る器なり」 〔礼記‐曲礼下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごく【穀】
〘名〙
① 米麦などの穀物。穀類。また特に、質の悪い穀物。
※御伽草子・戒言(神道物語集所収)(室町末)「されば、くひ物をまいらせんも、ごくのたぐひ」
② 「ごくつぶし(穀潰)」の略。
※雑俳・狂俳浦浪集(1854‐60)「飯喰時・ゴクが内証ぶち明る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たな‐つ‐もの【穀】
〘名〙 (「つ」は「の」の意の古い格助詞)
① 稲の種子。稲。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「粟稗麦豆(まめ)を以ては陸田種子(はたけつもの)とす。稲を以ては水田種子(タナツモノ)とす」
② 五穀の総称。穀物。
※書紀(720)推古二五年是歳(岩崎本訓)「是歳、五の穀(タナツモノ)、登(みな)れり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

穀の関連情報

他サービスで検索

「穀」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.