Rakuten infoseek

辞書

穀物【こくもつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

穀物
こくもつ
grain
食糧,飼料,工業用デンプン原料とするために栽培されるイネ科植物 (禾穀類) をいう。たで科のソバは穀物 (類) として扱われる場合が多く,豆類を含ませることもある。なお,英語でいう grainには穎果植物のほかに,干した果物が含まれる。そのほか,小麦,稲,トウモロコシは世界の三大作物といわれ,次いで大麦燕麦ライ麦,モロコシなどが多く,そのほかにアワキビヒエなどが生産されている。日本においては,主食常食として古来五穀と称し,米,アワ,ヒエ,豆が重視されてきたが,現在では米,小,大麦を主穀とし,トウモロコシ,ソバ,ライ麦,キビ,アワ,コウリャンなどを雑穀と扱う場合が多い。穀物は輸送,貯蔵性にすぐれ,栽培適応性が強く,単位面積あたりの生産性が高いなどの特徴をもつため,古来人類の基幹的食糧として現在にいたっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こく‐もつ【穀物】
人間がその種子などを常食とする農作物粟(あわ)稗(ひえ)黍(きび)の類。穀類

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

穀物
 穀類ともいう.イネ科作物の種子で食糧,飼料として用いられるもの.ソバはイネ科ではないが,穀物とする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくもつ【穀物 corn】
イネ,コムギ,トウモロコシなど種実を収穫することを目的として栽培される一年草または二年草の作物,およびその種実の総称。その種実はカロリーが高く,主食あるいはその代用となりうる。穀物はまた貯蔵性がよく,物理的衝撃にも強い。このため,長距離の運搬が可能で,消費される場所から離れた土地でも栽培できる。また,農作業用の機械を導入して大規模に栽培することも容易で,生産費を比較的安くすることができる。
[種類]
 穀物のうち,主食とするものを主穀,その他のものを雑穀と呼ぶことがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくもつ【穀物】
農作物のうち、種子を食用とするため栽培されるもの。米・麦・粟あわ・稗ひえ・豆・黍きび・とうもろこしなど。多く、主食とされる。穀類。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

穀物
こくもつ
子実を収穫するために栽培される一年生または二年生草本作物、およびその子実(穀実)の総称。穀物は主食あるいはその代用とされ、主食とするものを主穀、そのほかのものを雑穀とよぶ。最近は食用のほかに、デンプンや油をとったり、アルコール原料など加工原料としての用途も増え、また家畜などの飼料としての用途も多い。穀実の特徴は貯蔵性に優れ、物理的衝撃に強く、長距離の輸送が容易なことである。また穀物は農業機械による大規模栽培に適し、そのため生産費を安く大量生産できるなどの特長もある。
 イネ科の穀物を禾穀(かこく)類とよび、イネ、コムギ、オオムギ、ライムギ、トウモロコシ、モロコシ、アワ、ヒエ、キビ、テフその他が含まれる。マメ科の穀物は菽穀(しゅくこく)類とよび、ダイズ、アズキ、リョクトウ、インゲンマメ、ササゲ、ラッカセイ、エンドウその他がある。そのほかタデ科のソバ、アカザ科のキノア、ヒユ科のセンニンコクなどがある。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こく‐もつ【穀物】
〘名〙 人類が主食とする農作物。稲、麦、アワ、ヒエ、豆などの類。穀類。〔倭語類解(17C後‐18C初)〕〔周礼注‐天官・大宰〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穀物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

穀物の関連情報

他サービスで検索

「穀物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.