Rakuten infoseek

辞書

稽留流産【けいりゅうりゅうざん】

妊娠・子育て用語辞典

けいりゅうりゅうざん【稽留流産】
胎児が死亡していて、子宮内にとどまっているタイプの流産をいいます。子宮の中をきれいにする処置(掻爬手術:そうはしゅじゅつ)が必要になります。

出典:母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

けいりゅうりゅうざん【稽留流産 Missed Abortion】
[どんな病気か]
 妊卵(にんらん)(受精卵)や胎児たいじ)が、すでに死亡しているのに、子宮内にとどまっている状態です。
 稽留流産では、はっきりした自覚症状がありません。
[検査と診断]
 妊娠がわかると、時間の経過とともに子宮は増大し、超音波検査で胎児の生存が確認されるようになりますが、稽留流産ではそれがみられません。
 ふつうは、時間をあけた数回の診察をして、経過を観察した後に診断されます。
 症状がないため、妊婦にとっては流産の診断を受け入れがたい場合もあります。
 しかし、妊娠前期の超音波検査では、胎児の大きさや心拍の検出の可能な時期に個人差はなく、妊娠週数によってほぼ決まっており、数回行なった超音波検査で、予定どおりの発育や変化がみられない場合は、稽留流産と診断されます。
 また、一度、胎児心拍を認めて、胎児の生存が確認された後に、あるいは超音波検査で明らかな胎児の画像がみられるにもかかわらず、胎児心拍や胎動が確認できない場合には、とくに、子宮内胎児死亡(しきゅうないたいじしぼう)と呼ばれることもあります。
[治療]
 診断がついたら、早急に子宮内容物除去、清掃術を行ないます。ふつう、流産のときは子宮の頸管(けいかん)(出口)が広がってきますが、胎児の大きさや妊娠週数により、前もって子宮頸管拡張が必要な場合もあります。
 また、妊娠中期で比較的大きくなってきている胎児を娩出(べんしゅつ)させるのに、子宮収縮剤を用いることもあります。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

けいりゅうりゅうざん【稽留流産】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けいりゅうりゅうざん【稽留流産】
妊娠二二週未満に胎芽あるいは胎児が死亡後、流産症状がなく子宮内に停留している状態。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稽留流産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稽留流産の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.