Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

稽古事【けいこごと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

稽古事
けいこごと
家庭の子女などが主として生活上のたしなみとして各種の芸事を学ぶこと。茶道 (ちゃどう) ,生け花などは最も一般的なものとして広く行われてきた。そのほか,書道 (習字) ,音楽,舞踊などがある。音楽はピアノバイオリンなど洋楽に属するものも盛んであるが,三味線音楽 (長唄など) も伝統的なものとして衰えていない。日本舞踊も同様である。最近ではパッチワーク陶芸英会話など趣味の分野にまで広がっている。これらの稽古事は従来のように個人的に師匠について学ぶ方法のほかに,学校組織あるいは生涯学習施設 (いわゆるカルチャーセンター ) として多人数の規模で教えることも行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けいこ‐ごと【稽古事】
舞踊・音曲・茶道・華道などを師匠について習うこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいこ‐ごと【稽古事】
〘名〙 歌、踊り、琴、三味線などの遊芸を習って身につけること。また、その遊芸。
※随筆・一話一言(1779‐1820頃)二〇「時時弟子共へ教諭之事、但外稽古事師匠も同様之事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稽古事」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稽古事の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.