Rakuten infoseek

辞書

稲葉貞通【いなば さだみち】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

稲葉貞通 いなば-さだみち
1546-1603 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)15年生まれ。稲葉一鉄の子。美濃(みの)(岐阜県)曾根(そね)城主織田信長につかえ,本能寺の変後は豊臣秀吉に属し,天正(てんしょう)16年郡上八幡(ぐじょうはちまん)城主となる。小田原攻め,朝鮮出兵などに従軍関ケ原の戦いでは岐阜城陥落後に徳川方に転じた。慶長5年豊後(ぶんご)(大分県)臼杵(うすき)藩主稲葉家初代。5万石。慶長8年9月3日死去。58歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いなばさだみち【稲葉貞通】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

稲葉貞通」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稲葉貞通の関連情報

関連キーワード

アグリコラ(Georgius Agricola)上・揚・挙開・披・拓ペドロ=バウチスタ表千家クウェート宗教改革史(年表)足利義輝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.