Rakuten infoseek

辞書

稲置【いなぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

稲置
いなぎ
大和朝廷が国造 (くにのみやつこ) や県主 (あがたぬし) よりも小区画の地方豪族に与えた官職名。天武天皇制定の八色 (やくさ) の姓最下位。『日本書紀成務天皇の条に初見

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いな‐き【稲置】
《「いなぎ」とも》
大和朝廷地方官の一。屯倉(みやけ)の長官。稲穀の収納を職務とした。
天武天皇が制定した八色(やくさ)の姓(かばね)の最下位。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いなぎ【稲置】
大化改新以前,倭(やまと)王権が置いた地方官職。《日本書紀》成務5年条に〈諸国に令(みことのり)して国郡に造長を立て,邑に稲置を置く〉という表現がみられ,一方《隋書》東夷伝倭国条の〈軍尼(くに)一百二十人有り,猶中国の牧宰のごとし,八十戸一伊尼翼(冀)を置く,今の里長の如きなり,十伊尼翼一軍尼に属す〉の記事から,クニ(国造(くにのみやつこ))―イナギ(稲置)の上下の統属関係を推定されることがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いなぎ【稲置】
大和朝廷時代の地方官の名称。稲穀収納を取り扱ったもの。 「国郡に造長みやつこおさを立て、県邑あがたむらに-を置つ/日本書紀 成務訓
天武天皇の時代に制定された八色姓やくさのかばねの第八位。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

稲置
いなぎ
大和(やまと)朝廷の地方官職名。のちに姓(かばね)となった。稲置は、屯田(みた)、屯倉(みやけ)などの皇室領の管理者ないしは徴税官の官職名であるとする説、国の下級組織の県(あがた)あるいは評(こおり)の長の官職名であるとする説に分かれているが、いずれにしても皇室の家政機関である内廷と関係の深いものであった。稲置の分布は畿内(きない)とその周辺に限られ、その支配領域は律令(りつりょう)制下の郷(ごう)程度の狭いものである。684年(天武天皇13)の八色(やくさ)の姓の制定に際し、第八位の姓として位置づけられた。[前之園亮一]
『上田正昭著『県主と祭祀団』(『日本古代国家成立史の研究』所収・1969・青木書店) ▽井上光貞著『国造制の成立』(『大化改新』所収・1970・弘文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いな‐き【稲置】
〘名〙 (「いなぎ」とも)
① 大化前代の地方官の一つ。職掌については、県や屯倉(みやけ)の経営を担当したとする説と、国の下級組織の長官とする説がある。
※書紀(720)成務五年九月(北野本訓)「県(あがた)(さと)に稲置(イナキ)を置(た)つ」
② 上代の姓(かばね)の名。天武天皇の時代に設けられた八色(やくさ)の姓の中の第八位。
※書紀(720)天武一三年一〇月(寛文版訓)「八色(くさ)の姓を作て、天下の万の姓を混(まろか)す。一に曰はく、真人(まひと)、〈略〉八に曰はく稲置(イナキ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稲置の関連情報

他サービスで検索

「稲置」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.