Rakuten infoseek

辞書

稲積鍾乳洞【いなづみしょうにゅうどう】

世界大百科事典 第2版

いなづみしょうにゅうどう【稲積鍾乳洞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

稲積鍾乳洞
いなづみしょうにゅうどう
大分県南部、豊後大野市(ぶんごおおの)三重町(みえまち)中津留(なかづる)にある水中鍾乳洞。稲積山(572メートル)の東麓(とうろく)に開口する世界的にも珍しい水中鍾乳洞で、全長1キロメートル。1976年(昭和51)から調査、観光設備をして、1977年開洞した。阿蘇(あそ)溶結凝灰岩で出口をふさがれて水没、水中に鍾乳石、石筍(せきじゅん)などの二次生成物が発達し、さらに地表水の侵食で一部開口、排水されたが、大部分が二次生成物とともに水没したまま現在に至ると考えられている。JR豊肥(ほうひ)本線三重町駅からバス30分。[兼子俊一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲積鍾乳洞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稲積鍾乳洞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.