Rakuten infoseek

辞書

稲庭饂飩【イナニワウドン】

デジタル大辞泉

いなにわ‐うどん〔いなには‐〕【稲庭××飩】
秋田県特産のうどん。生地を綯(な)い、乾燥させて作る。麺は平たく、のどごしがよい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典

いなにわうどん【稲庭饂飩】

秋田名産の手延べで作る細くて平たいうどん。一般的に手延べうどんは生地を引きのばす工程を表面に植物油をぬって行うが、稲庭うどんは油を使用せず打ち粉にでんぷんを用いる。『稲庭古今事蹟誌』によると寛文年間(1661~1673)以前に稲庭村(現湯沢市稲庭町)の佐藤市兵衛により作られたのがはじまり。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲庭饂飩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稲庭饂飩の関連情報

他サービスで検索

「稲庭饂飩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.