Rakuten infoseek

辞書

稲垣浩【いながきひろし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

稲垣浩
いながきひろし
[生]1905.12.30. 東京
[没]1980.5.21. 東京
映画監督。新派の俳優であったが,のちに映画界に入り,1928年片岡千恵蔵プロの『天下太平記』で監督となる。以来抒情性豊かな時代劇を数多く手がける。 1954年から三船敏郎主演の『宮本武蔵』シリーズを撮り,1作目がアカデミー名誉賞 (最優秀外国語映画) 受賞。 1958年再映画化した『無法松の一生』はベネチア国際映画祭サン・マルコ金獅子賞を受賞した。主要作品『弥太郎笠』 (1932) ,片岡千恵蔵主演の『宮本武蔵』 (3部作,1940) ,『無法松の一生』 (1943) ,『手をつなぐ子等』 (1948) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いながき‐ひろし【稲垣浩】
[1905~1980]映画監督。東京の生まれ。本名、浩二郎。舞台俳優、映画俳優を経て映画監督となり、痛快な時代劇を次々と手がけた。昭和33年(1958)「無法松の一生」のリメーク版で、ベネチア国際映画祭グランプリ(金獅子賞)を受賞。代表作宮本武蔵」シリーズ、「手をつなぐ子等」「忘れられた子等」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

稲垣浩 いながき-ひろし
1905-1980 昭和時代の映画監督。
明治38年12月30日生まれ。大正11年日活俳優部にはいったが,監督に転向。昭和3年片岡千恵蔵プロの結成に参加し「天下太平記」を監督。29年の「宮本武蔵」はアカデミー賞外国映画賞を受賞。18年の監督作品「無法松の一生」を33年に再映画化し,ベネチア映画祭グランプリをうけた。昭和55年5月21日死去。74歳。東京出身。本名は浩二郎。作品はほかに「海を渡る祭礼」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いながきひろし【稲垣浩】
1905‐80(明治38‐昭和55)
映画監督。時代劇と現代劇が明確に区分されていた昭和初年の日本映画に,〈髷をつけた現代劇〉を提唱,伊丹万作,山中貞雄らとともに新風を吹き込んだ。東京生れ。父は新劇俳優。本名は稲垣浩二郎。伊藤大輔衣笠貞之助の助監督を経て,伊藤の推薦により1928年に創設された〈千恵プロ(片岡千恵蔵プロダクション)〉に監督として入り,伊丹万作のオリジナルシナリオによる《天下太平記》(1928)を監督第1作として発表。続けて伊丹脚本による《放浪三昧》《源氏小僧》(ともに1928),《絵本武者修業》(1929)等々の秀作を放ち,その後監督となった伊丹とともに〈千恵プロ〉を支える二本柱となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いながきひろし【稲垣浩】
1905~1980) 映画監督。東京生まれ。1930年代の現代感覚に溢れた明朗時代劇で注目され、戦後まで活躍した。ほかに「無法松の一生」「手をつなぐ子等」「宮本武蔵」シリーズなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

稲垣浩
いながきひろし
(1905―1980)
映画監督。東京生まれ。父が新派の俳優であったため、幼時から舞台に出演していた。1922年(大正11)日活向島の俳優部に入社したが、のち監督に転じ、片岡千恵蔵プロの『天下太平記』(1928)を発表。以後『瞼(まぶた)の母』『一本刀土俵入』(ともに1931)、『弥太郎笠(やたろうがさ)』(1932)など、叙情味あふれる作品をつくり、トーキー以後も日活と東宝の「宮本武蔵(むさし)」シリーズなどで時代劇映画の代表的作家となる。また現代劇にも手を染め、秀作『無法松の一生』(1943)、第二次世界大戦後は『手をつなぐ子等(ら)』(1948)、『忘れられた子等』(1949)などの佳作を発表。1958年(昭和33)再映画化の『無法松の一生』で、ベネチア国際映画祭グランプリを受賞した。[長崎 一]

資料 監督作品一覧

天下太平記(1928)
放浪三昧(1928)
源氏小僧(1928)
銀猫左門(しろがねねこざえもん)(1928)
めくら蜘蛛(ぐも)(1929)
続万花地獄 第二篇(1929)
続万花地獄 完結篇(1929)
鴛鴦(おしどり)旅日記(1929)
相馬大作 武道活殺の巻(1929)
絵本武者修業(1929)
殺した人(1929)
鮫鞘(さめざや)(1929)
渦潮(1930)
諧謔(ナンセンス)三浪士(1930)
一心太助(1930)
恩愛五十両(1931)
瞼の母(1931)
元禄十三年(1931)
男達ばやり(1931)
一本刀土俵入(1931)
弥太郎笠 去来の巻(1932)
弥太郎笠 独歩の巻(1932)
旅は青空(1932)
時代の驕児(きょうじ)(1932)
国定忠治 旅と故郷の巻(1933)
国定忠治 流浪転変の巻(1933)
国定忠治 霽(は)れる赤城の巻(1933)
笹野権三郎 三日月笹穂切り(1933)
風雲 前篇(1933)
風雲 後篇(1934)
直八子供旅(1934)
天保忠臣蔵(1934)
新選組 前後篇(1934)
利根の川霧(1935)
富士の白雪(1935)
関の弥太ッぺ(1935)
千両礫(つぶて)(1935)
大菩薩(ぼさつ)峠 第一篇 甲源一刀流の巻(1935)
大菩薩峠 鈴鹿山の巻・壬生(みぶ)島原の巻(1936)
股旅千一夜(1936)
小市丹兵衛 追いつ追はれつの巻(1937)
曠原(こうげん)の魂(1937)
飛竜の剣(1937)
血煙高田の馬場(1937)
無法者銀平(1938)
出世太閤記(たいこうき)(1938)
闇の影法師(1938)
地獄の蟲(むし)(1938)
魔像(1938)
続魔像 茨右近(1939)
袈裟(けさ)と盛遠(もりとお)(1939)
尊王村塾(1939)
宮本武蔵 第一部 草分の人々・第二部 栄達の門(1940)
宮本武蔵 剣心一路(1940)
海を渡る祭礼(1941)
江戸最後の日(1941)
宮本武蔵 一乗寺決闘(1942)
独眼龍政宗(1942)
無法松の一生(1943)
狼火は上海に揚る 春江遺恨(1944)
東海水滸(すいこ)伝(1945)
最後の攘夷(じょうい)党(1945)
おかぐら兄弟(1946)
壮士劇場(1947)
こころ月の如く(1947)
手をつなぐ子等(1948)
黒馬の団七(1948)
白頭巾現わる(1949)
忘れられた子等(1949)
俺は用心棒(1950)
群盗南蛮船(1950)
佐々木小次郎(1950)
続佐々木小次郎(1951)
海賊船(1951)
完結 佐々木小次郎 巌流島決闘(1951)
稲妻草紙(1951)
戦国無頼(1952)
上海の女(1952)
風雲千両船(1952)
旅はそよ風(1953)
お祭半次郎(1953)
宮本武蔵(1954)
続宮本武蔵 一乗寺の決闘(1955)
旅路(1955)
宮本武蔵 決闘巌流島(1956)
囚人船(1956)
嵐(1956)
柳生(やぎゅう)武芸帳(1957)
太夫さんより 女体は哀しく(1957)
柳生武芸帳 双龍秘劔(ひけん)(1958)
無法松の一生(1958)
旅姿鼠小僧(1958)
或る剣豪の生涯(1959)
日本誕生(1959)
ふんどし医者(1960)
大阪城物語(1961)
ゲンと不動明王(1961)
野盗風の中を走る(1961)
どぶろくの辰(1962)
忠臣蔵 花の巻・雪の巻(1962)
秘剣(1963)
士魂魔道 大龍巻(1964)
がらくた(1964)
暴れ豪右衛門(1966)
佐々木小次郎(1967)
風林火山(1969)
待ち伏せ(1970)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲垣浩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稲垣浩の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府ベンガル分割竹島問題

他サービスで検索

「稲垣浩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.