Rakuten infoseek

辞書

【ソバ】

デジタル大辞泉

そば【×稜】
物の角(かど)。りょう。
「石の―の、折敷の広さにてさし出でたるかたそばに」〈宇治拾遺・六〉
袴(はかま)のももだち
「ねりばかまの―高くはさみ、神璽をわきにはさみ」〈平家・一一〉
ブナの古名。
奥山の秋の深さを来て見れば―もまさきも紅葉しにけり」〈経信集〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう【×稜】
かど。すみ。
「氷は、あっちこっちの滑かな―を見せて」〈里見弴・大道無門〉
多面体の、隣り合う二つの面が交わってできる線分。
医学で、比較的長く伸びている隆起した部分。「腸骨

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう【稜】[漢字項目]
人名用漢字] [音]リョウ(慣) [訓]かど
物のかど。「稜角稜線岩稜山稜側稜
かどだっている。「稜威稜稜
[名のり]いず・すみ・たか・たる・いつ
[難読]御稜威(みいつ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょう【稜】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そば【稜】
物のかど。とがった所。 名義抄
はかまのももだち。 袴の-取りて高く挟みて/今昔 29

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう【稜】
多面体における平面と平面との交わりの線分。空間図形での辺。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そば【稜】
〘名〙
① 物のかど。りょう。稜角。
※宇治拾遺(1221頃)六「石のそばの〈略〉さし出でたるかたそばに尻をかけて」
② 袴のももだち。衣の折り目。
※平家(13C前)一一「ねりばかまのそばたかくはさみ」
③ 植物「ぶな(橅)」の古名。
※蜻蛉(974頃)下「大夫、そばの紅葉のうちまじりたる枝につけて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう【稜】
〘名〙
① かど。すみ。〔鉱物字彙(1890)〕
② 数学で、多面体、または多面角において、となりあう二つの面が交わった所に生じる線分または半直線のこと。辺。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.