Rakuten infoseek

辞書

稚内のイカナゴ【わっかないのいかなご】

事典 日本の地域ブランド・名産品

稚内のイカナゴ[水産]
わっかないのいかなご
北海道地方、北海道の地域ブランド。
主に稚内市で水揚げされている。スズキ目イカナゴ科の魚で、稚内周辺では、イカナゴ(オオナゴ)とキタイカナゴの2種が生息している。瀬戸内海に分布するイカナゴは寿命は2年〜3年、体長は14cm程度だが、稚内周辺のイカナゴは寿命は6年で23cm以上になる。食用ハマチの餌とされるほか、幼魚は釜揚げ・かき揚・から揚げ・くぎ煮、成魚は釜揚げ・付け焼き・から揚げ・天ぷらなどで食される。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稚内のイカナゴ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

稚内のイカナゴの関連情報

他サービスで検索

「稚内のイカナゴ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.