Rakuten infoseek

辞書

税率【ぜいりつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

税率
ぜいりつ
課税物件課税標準と並ぶ課税要件の一つ。税額を算出するため課税標準に対して適用される比率をいう。課税標準が数量をもって定められる場合は課税標準につき単位あたり一定の金額で示され,金額あるいは価額によって定められる場合は百分比で示されることが多い。百分比の定め方には,金額などに比例して定められる比例税率,累進的に定められる累進税率などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜい‐りつ【税率】
税額を算定するために、課税標準に対して適用される比率。課税率

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜいりつ【税率】
税額を算出するために課税標準に対して適用される比率のこと。所得税や固定資産税のように,課税標準が金額ないし価額をもって定められている場合には,百分比や万分比で定められるのが普通である。また,酒税のように課税標準が数量をもって定められている場合には,課税標準の一単位につき一定の金額で示される。金額ないし価額を課税標準とする場合には,比例税率といって,課税標準の大小に関係なく税率が一定している場合と,累進税率(〈累進税・逆進税〉の項参照)といって,課税標準が大きくなるに従って税率も高くなる場合とがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜいりつ【税率】
税金を課する場合の、課税標準に対する税額の割合。課税率。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜい‐りつ【税率】
〘名〙 税額を算定するために課税標準に対して適用される一定の比率をいう。比例税率と累進税率に区分される。
大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)六二条「新に租税を課し及税率を変更するは法律を以て之を定むべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

税率」の用語解説はコトバンクが提供しています。

税率の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.