Rakuten infoseek

辞書

税制【ぜいせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

税制
ぜいせい
tax system
一般的な政府活動に必要な財源を民間経済部門を構成する家計と企業から強制的に租税の形で徴する構造をいう。現代の経済社会において,政府の財源調達手段としては,租税のほか,国債などの公債発行による借入れ,営業益金および収入などがあるが,そのなかで租税が最も重要である。今日,国民所得に対する税収割合増大に伴い,税制が国民経済に与える影響は,ますます大きくなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぜいせい【税制】
租税に関する制度。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜい‐せい【税制】
〘名〙 租税に関する制度。
※人間の壁(1957‐59)〈石川達三〉中「シャウプ勧告による税制改革の結果」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜい‐せい【税制】
租税に関する制度。「税制改革」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

税制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

税制の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.