Rakuten infoseek

辞書

程頤【ていい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

程頤
ていい
Cheng Yi
[生]明道2(1033)
[没]大観1(1107)
中国,宋の思想家。洛陽の人。字は正叔。号は伊川。周敦頤 (しゅうとんい) に学んだ。程 顥 (ていこう) と合せて二程子と称され,いわゆる程朱学の創建者とされている。厳格な人柄で,官吏としては政敵をつくって成功しなかった。「理一分殊」「性即理」などを唱えて「理」を中心とする独自の思想を打立てるとともに,「居敬窮理」を唱えて,その学問修養の具体的方法を説き,道学,いわゆる程朱学の体系の基礎を固めた。著書『易伝』のほか,遺説が『二程全書』に収められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てい‐い【程頤】
[1033~1107]中国、北宋の思想家。洛陽河南省)の人。字(あざな)は正叔。号、伊川。兄の程顥(ていこう)とともに二程子とよばれる。性理学の基礎を築いた。語録が「二程全書」に収められている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていい【程頤 Chéng Yí】
1033‐1107
中国,北宋時代の哲学者,道学者。字は正叔,号は伊川(いせん)。程伊川の称でも知られる。洛陽の人。兄の程顥(ていこう)(明道)とともに二程子と呼ばれる。はじめ兄といっしょに周敦頤(しゆうとんい)(濂渓(れんけい))に学び,ついで都開封に遊学して胡瑗(こえん)に師事。50歳を過ぎて天子の進講役に任ぜられたが,晩年党争にまきこまれ,四川省の涪(ふ)州に流されて辛酸をなめた。このときに書かれたのが,その思想の総決算というべき《程氏易伝(えきでん)》(《易経》の注釈書)であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ていい【程頤】
1033~1107 中国、北宋の儒学者。号は伊川いせん。周敦頤しゆうとんいに学び、六経に精通し理気二元論を立て、朱熹しゆきに大きな影響を与えた。兄の程顥ていこうとともに二程子といわれる。著「易伝」「伊川先生文集」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

程頤
ていい
(1033―1107)
中国、北宋(ほくそう)の儒学者。字(あざな)は正叔(せいしゅく)。伊川(いせん)先生とよばれた。兄の程(ていこう)(明道(めいどう))とともに二程といわれる。洛陽(らくよう)の人。14歳ごろ兄とともに周敦頤(しゅうとんい)(濂渓(れんけい))に従学。24歳、国子監(こくしかん)(大学)に入り、教官であった胡(こえん)(安定、993―1059)の試問に対して、『論語』にみえる顔子(がんし)(顔回)の好んだ学を論じ、「学は以(もっ)て聖人に至るの道なり。聖人学んで至る可(べ)きか。曰(いわ)く然(しか)り……」という答案を提出した。宋学の本質を端的に示す名言であった。54歳、哲宗の侍講(じこう)となり、厳正な態度と高い識見とによって侍講職の地位を重からしめたが、その厳しさが天子の側近や蘇軾(そしょく)(東坡(とうば)。四川(しせん)省の人)らの文人派とあわず、程頤の洛党(らくとう)と蘇軾の蜀(しょく)党との対立を生み、また王安石(おうあんせき)の新法に反対したために、新旧両党の党争に巻き込まれて四川に流され、赦免後も著書を廃棄させられるなど、晩年まで多難であった。
 程頤は理気二元論的な発想をたて、物の世界、現象の世界は陰陽の気によって成立するものとしたが、陰陽の気の背後に陰陽を陰陽たらしめる所以(ゆえん)の理(すなわち道)を考えた。理は自然界の物の理法であると同時に人間界の理法、人倫の理でもあった。人の性については、兄の程(ていこう)が人の生命の働きをそのまま性としたのに対して彼は、気による生々にかかわる面を「気質の性」と名づけ、これとは別に天から与えられた本来の性である「極本窮源の性」を考える。それは人の理そのものであり、善であるが、「気質の性」は身体を構成する気の清濁によって善悪が分かれるとした。そこで学問・修養の努力が必要となるが、その方法としては、心を敬という緊張状態に保つ「居敬(きょけい)」と、事物の理を窮め知る「窮理」とを説いた。以上の程頤の学説は南宋の朱熹(しゅき)(朱子)によって継承され、朱子学として大成された。朱熹がもっとも多く取り入れたのは程頤の学説で、朱子学は程朱学ともよばれる。著書に『易伝』『経説』があり、文集・語録とともに『二程全書』に収められている。[湯川敬弘]
『市川安司著『程頤』(『中国の思想家 下巻』所収・1963・勁草書房) ▽市川安司著『程伊川哲学の研究』(1964・東京大学出版会) ▽市川安司他訳注『程明道・程伊川』(『朱子学大系 第2巻 朱子の先駆 上』所収・1978・明徳出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てい‐い【程頤】
中国、北宋の儒学者。字(あざな)は正叔。号は伊川。洛陽の人。兄の程顥(こう)とともに二程子と称され、ともに天理と人性との関連を論じた性理学の基礎を築いた。その弟子の楊時の門下李侗から朱子が出た。著に「伊川先生文集」、兄との共著「二程全書」がある。(一〇三三‐一一〇七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

程頤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

程頤の関連情報

関連キーワード

アンセルムス旭化成[株]社会刑部武並長谷部永盛済慶永観林豪藤原惟憲

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.