Rakuten infoseek

辞書

程長庚【ていちょうこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

程長庚
ていちょうこう
Cheng Chang-geng
[]嘉慶16(1811).安徽
[没]光緒5(1879)
中国の京劇俳優。字は玉山 (珊) 。劇聖として京劇創成期に活躍。老生役を得意としたが,ほかに小生 (二枚目) も,旦 (女方) も演じ分ける芸域の広さを誇った。規則正しく豪快で明快な唱法をもつ正攻派で,京劇独特の節 (ふし) を編出した功績は大きい。のち三慶班の座頭となり,一世を風靡した。 (→しょう〉)

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていちょうこう【程長庚 Chéng Zhǎng gēng】
1812?‐82?
中国の清代,京劇形成期の俳優,京劇の開山祖師。名は椿,字は玉珊(ぎよくさん)。安徽省潜山の人。咸豊(1851‐61)・同治(1862‐74)期に北京において四大徽班(安徽省の三慶,四喜,春台,和春の四大劇団)の一つである三慶班の座頭をつとめるとともに,俳優,雑戯芸人の同業ギルドであった精忠廟の廟主として重きをなした。漢調,昆腔などの地方劇のふし(唱腔)を巧みに融合させて京劇のふしと立回りの表現の確立に大きな役割を果たし,みずからは立役である老生を演じて一世を風靡した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

程長庚
ていちょうこう
(1811―1880)
中国、清(しん)代の京劇俳優。本名は椿(ちん)、字(あざな)は玉珊(ぎょくさん)。安徽(あんき)省潜山の人。京劇創始期の老生(せい)(立役)。科班(かはん)(一説には崑班(こんはん))の出身で、1850年代から三慶班の座頭を務め、精忠廟(せいちゅうびょう)(半官の俳優組合)の廟主でもあった。彼は二黄(にこう)調を基に西皮(せいひ)の曲調を加え、崑曲(こんきょく)からも吸収して京劇の曲調を編み出し、余三勝(よさんしょう)や張二奎(ちょうじけい)とともに老生三傑とよばれた。力強い節回しと豊かな声量で知られ、『文昭関(ぶんしょうかん)』の伍子胥(ごししょ)や『群英会(ぐんえいえ)』の魯粛(ろしゅく)、『戦長沙(せんちょうさ)』の関羽(かんう)などが有名。また老生以外の役柄も幅広くこなした。一座の運営に心を砕いて人望が厚く、譚(たんきんばい)や孫菊仙(そんきくせん)、楊月楼(ようげつろう)ら多くの名優を育てた。[刈間文俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

程長庚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

程長庚の関連情報

関連キーワード

クライストベートーベンエルギンベッテルハイムライト坂東彦三郎(3代)合衆国銀行カルル・フリードリヒ競技場古史伝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.