Rakuten infoseek

辞書

秩父盆地【ちちぶぼんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秩父盆地
ちちぶぼんち
埼玉県西部,秩父山地の中央部にあるほぼ四角形の構造盆地盆地床は新第三紀層からなり,武甲山など 1000m級の周囲の秩父山地ときわだった対照を示す。盆地内には荒川赤平川などが流れ,盆地床を浸食している。このため盆地床の高度は一様でなく,浸食を免れて残存する丘陵地,荒川,赤平川の河岸段丘面や沖積低地地形に分けられる。段丘面は上下 2段で,特に下段段丘が広く連続している。中心地の秩父市をはじめ,荒川沿いに長瀞町,皆野町,赤平川沿いに小鹿野町がある。農林業が中心で,特にコンニャクシイタケの栽培,製材セメントなどの生産が行なわれる。秩父鉄道,国道140号線,299号線が通じる。武甲県立自然公園長瀞玉淀県立自然公園に含まれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちちぶ‐ぼんち【秩父盆地】
埼玉県西部、秩父山地にある盆地。荒川とその支流赤平川が貫流する。中心地は秩父市

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちちぶぼんち【秩父盆地】
埼玉県西部,秩父地方の中央部にある盆地。一辺が13kmのほぼ正方形をなし,盆地床は第三系中新よりなる。盆地内を流れる荒川沿いに,高位(標高300~450m),中位(250~300m),低位(160~270m)の三つの段丘が発達する。ローム層をのせる高位,中位の段丘は開析が進んで丘陵状をなし,それぞれ尾田蒔(おだまき)丘陵,羊山丘陵と呼ばれ,そこからの盆地内の眺望はすばらしい。平たん面が広がる低位段丘には桑園水田が開かれ,集落も発達,秩父地方の産業活動や社会生活の主要舞台となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちちぶぼんち【秩父盆地】
秩父山地東部にあるほぼ方形の盆地。荒川・赤平川の河岸段丘が発達する。中心都市は秩父市。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

秩父盆地
ちちぶぼんち
埼玉県西部、秩父山地にある、ほぼ方形の構造盆地。周辺の山地が秩父中・古生層や長瀞(ながとろ)系結晶片岩であるのに対し、第三紀層からなる丘陵と、荒川およびその支流の赤平(あかびら)川の河岸段丘からなる。中心都市秩父市の市街地はこの段丘上にあり、国造(くにのみやつこ)の知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)を祀(まつ)った秩父神社を中心に発達した。また、小鹿野町(おがのまち)、皆野町(みなのまち)などの市街地や、水田、畑地も河岸段丘上にある。産業としては、養蚕を背景に秩父銘仙(めいせん)を主とした絹織物業が中心であったが、今日では電子、セメント工業が行われている。米作、酪農、野菜栽培なども盛んである。[中山正民]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちちぶ‐ぼんち【秩父盆地】
埼玉県西部の盆地。荒川とその支流赤平川が貫流する。中心都市は秩父市。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秩父盆地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秩父盆地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.