Rakuten infoseek

辞書

秩序罰【ちつじょばつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秩序罰
ちつじょばつ
行政法規の違反が間接的に行政上の秩序に障害を及ぼす危険がある場合に,秩序維持の見地から科する過料総称。法律に基づいて,一定の届け出などの義務を怠った場合,証言拒否などの場合に科すほか,地方公共団体は,条例規則中に,手数料などの逋脱徴収に関する義務違反,その他規則,条例に違反した者に対し過料を科する旨の規定を設けることができる (地方自治法 14,15) 。秩序罰は,刑罰の一種である行政刑罰と区別され,これについては刑法総則,刑事訴訟法の適用がなく,通常,国の過料は裁判所が (非訟事件手続法 206~208ノ2) ,地方公共団体の過料はその長が (地方自治法 255の2) これを科し,期限内に納めない者があるときは滞納処分の例によりこれを徴収する (231条の3) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちつじょ‐ばつ【秩序罰】
行政上の義務違反行為に対する制裁として国または地方公共団体が科する過料の総称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちつじょばつ【秩序罰】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちつじょばつ【秩序罰】
行政上の義務違反に対する制裁として科す過料の総称。非訟事件手続法の定める手続きによって科す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

秩序罰
ちつじょばつ
行政法規違反のうち、直接に社会公共の利益を侵害する場合に科される刑罰と異なり、間接に行政上の秩序に障害を及ぼす危険があるにすぎない場合に、秩序に違反したとして科される過料をいう。刑罰でないから刑法総則の適用はなく、それに適用される法原理は確立していない。[阿部泰隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちつじょ‐ばつ【秩序罰】
〘名〙 行政上の義務違反者に対して制裁として科される過料の総称。商法戸籍法住民基本台帳法などの行政法規に基づいて科されるもの、地方公共団体の条例または規則によって科されるものなど。行政罰

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秩序罰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秩序罰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.