Rakuten infoseek

辞書

秦氏【はたうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秦氏
はたうじ
漢氏と並ぶ日本古代の有力な中国系渡来人。記紀の伝承では,応神天皇のとき,始皇帝の子孫である弓月君が多くの人民を率いて朝鮮から渡来し,養蚕,機織業をもって朝廷に仕えた。この秦の民がしだいに豪族に所有され分散したので,雄略天皇が秦の民を集めて秦酒公(はたのさけのきみ)をその長官としたという。6世紀以後,朝廷の財政事務にもあずかった。京都,近江,淀川流域に栄え,秦造(はたのみやつこ)から忌寸改姓(→)し,平安遷都(→平安京)も秦氏の財力を背景としていたという説がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はたうじ【秦氏】
日本古代に朝鮮半島から渡来した氏族。秦始皇帝の裔を称し,後漢霊帝の子孫という漢氏(あやうじ)と勢力を二分した。《日本書紀》には,応神天皇のとき弓月君(ゆづきのきみ)が〈百二十県〉の〈人夫〉をひきいて〈帰化〉し,雄略天皇のとき全国の〈秦民〉を集めて秦酒公に賜り,酒公は〈百八十種勝(ももあまりやそのすぐり)〉をひきい朝廷に絹を貢進したとある。《新撰姓氏録》もほとんど同じことを記すが,弓月君は秦始皇帝の子孫で,帰化したのち〈大和朝津間腋上〉の地に安置されたとし,酒公は〈秦民〉92部1万8670人をひきい絹を貢進し,それを納めるため〈大蔵〉を宮側にたて,その〈長官〉となったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

秦氏
はたうじ
東漢氏(やまとのあやうじ)と並ぶ古代の渡来人中の雄族。記紀や『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』などによれば、応神(おうじん)朝に秦(しん)の始皇帝の後裔(こうえい)の弓月君(ゆつきのきみ)が120の県(こおり)の人民を従えて移住したと記すが、中国系ではなく新羅(しらぎ)系の渡来人で、渡来時期も5世紀以降と想像される。ハタは、朝鮮語で「海」を意味する「パダ」に由来するとの説もある。山背(やましろ)国(山城(やましろ)国、京都府中・南部)を拠点として秦氏とその支配下の民(秦人・秦人部・秦部)の分布は日本各地にみられ膨大な数に及ぶ。朝廷の蔵を管理し、大和(やまと)王権の財政をつかさどる一方、新羅系の技術者を擁して鋳工・木工などの各種技術部門の主導権を握り、鉱山の開発や灌漑(かんがい)・土木事業を推進するなど殖産氏族としての活動が顕著である。政治的にはさほど目だった動きを示さないが、欽明(きんめい)天皇の側近であった秦大津父(はたのおおつち)や、厩戸皇子(うまやどのみこ)(聖徳太子)に仕えた秦河勝(はたのかわかつ)の存在は、秦氏がその豊かな経済力と財政的手腕によって、大和王権内に隠然たる力を保持したことを示唆している。[加藤謙吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秦氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秦氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.