Rakuten infoseek

辞書

秦檜【しんかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秦檜
しんかい
Qin Hui; Ch`in Kuei
[生]元祐5(1090).江寧
[没]紹興25(1155).10.22. 臨安
中国,南宋の政治家。江寧 (江蘇省南京) の人。字は会之。政和5 (1115) 年進士合格。哲宗朝の宰相王珪の孫娘と結婚。有能な官吏として,靖康1 (26) 年御史中丞に栄進。翌年徽宗らとともに軍に捕えられ,建炎4 (30) 年帰国。南宋高宗の寵を受け,翌年宰相となり和平論を唱えた。反対派のため一時失脚したが,紹興8 (38) 年再び宰相となり,同 12年主戦論を押えて金との間に和議を結んだ。以後 19年間宰相に在任し,一族の繁栄をはかったので不評を買った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐かい〔‐クワイ〕【秦檜】
[1090~1155]中国、南宋政治家。字(あざな)は会之。江寧(江蘇省)の人。高宗に仕え、岳飛を獄死させてと和議を結んだ。政権維持のため言論を弾圧し、後世奸臣(かんしん)の典型とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんかい【秦檜 Qín Huì】
1090‐1155
中国,南宋初期の政治家。字は会之。江寧(南京)の人。1123年(宣和5)科挙の最難関,博学宏詞科に合格し,北宋神宗期の宰相王珪の孫娘と結婚し,出世コースを歩んだ。靖康の変の時,金の傀儡(かいらい)政権(楚)樹立計画に反対したため,宋の皇族らと共に金に強制連行された。30年(建炎4)金の将軍,撻懶(たつらん)の了解の下に,夫人を伴い帰国した。37年(紹興7)撻懶が金の権力を握り,傀儡政権,斉(劉予)を取り潰したことは秦檜の出番を意味した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

秦檜
しんかい
(1090―1155)
中国、宋(そう)の政治家。字(あざな)は会之。江蘇(こうそ)省南京(ナンキン)の人。宋代の科挙の最難関であった詞学兼茂(しがくけんも)科に合格。宰相王珪(おうけい)の孫娘を妻とした彼は、資格、閨閥(けいばつ)ともに官僚の経歴として際だっていた。1126年に連行された金国での経験を買われ、帰国後31年から32年、38年から55年の両次に宰相に就任。戦いを嫌った南宋初代の高宗の意を受けて、42年に金国との和議を成立させた。淮河(わいが)以北を金国に割譲する形でのこの和議は、当時の南宋の実力からみて相応のものであったといえる。しかし、そのための武力の規制や言論の弾圧が人事の専断とともに反対派を刺激し、加えて民族意識の高揚が死後の評価を悪くさせ、姦臣(かんしん)、売国奴の烙印(らくいん)を押された。[山内正博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐かい ‥クヮイ【秦檜】
中国、南宋時代の政治家。字(あざな)は会之。諡(おくりな)は忠献、または繆醜。江蘇省南京の人。金の侵入後金国に三年間抑留されたが、帰国して宰相になり、紹興一二年(一一四二)領土を割譲して金と和議を結んだ。彼のために獄死した岳飛将軍が救国の英雄として尊ばれたのに反し、姦臣・売国奴として、後世の評価が悪い。(一〇九〇‐一一五五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秦檜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秦檜の関連情報

関連キーワード

ジヤール朝賀茂神社雲仙岳災害対策基金聖護院藤原顕輔アサッシン西園寺家詞花和歌集菊万荘

他サービスで検索

「秦檜」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.