Rakuten infoseek

辞書

【ソ】

デジタル大辞泉

そ【租】
律令制における基本的物納課税の一。口分田位田功田などに課され、田一段につき稲二束二把(のち一束五把)を納めるもの。正倉に蓄積されて、毎年の出挙(すいこ)による利稲は地方各国の財源となった。→庸(よう)調(ちょう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ【租】[漢字項目]
常用漢字] [音](漢) [訓]みつぎ
田畑の収穫に対して割り当てる税。年貢。また、一般に税金。「租税課租貢租地租田租納租免租公租公課
土地や家を借りる。「租界租借
[名のり]つみ・もと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そ【租】

[中国]
 土地の生産物(穀物)を徴収する古代・中世の税。上代では什一(1/10)税の通念が存したが,漢初には1/15,のち1/30が定率となり,六朝ではときに畝当り何升と定められることもあったが,多くは戸調として戸等に応じ戸当り一定額を徴された。北魏で均田法が行われると,丁男・丁妻に対し一定額の租を課することとなり,唐制では丁当り粟2石を標準とし,8世紀末の両税法採用に至り廃された。近世では地主に納付する小作料を一般に租とよぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たちから【租】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そ【租】
律令制の税の一。口分田・位田・賜田・功田などの面積に対して課税され、収穫量の約3パーセントの割合で、稲で納めさせた。正税しようぜいと呼ばれて正倉に蓄積され、毎年出挙すいこして利稲を国郡の費用にあてた。田租。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そ【租】
〘名〙
① 税金。年貢。〔史記‐馮唐伝〕
② 令制の税の一種。公民に班給された口分田に対して課税されるもので、他の庸・調・雑徭が人身課税であるのと対照をなす。養老令(田令)では一段の公定収穫五〇束に対し二束二把を徴集する規定であるが慶雲三年(七〇六)格以降一束五把で、課税率は約三パーセントとなる。租は諸国の正倉(しょうそう)に納められて正税と呼ばれ、中央政府に送らず、その国の経費に用いられた。田租。たちから。→輸租田
※正倉院文書‐天平二年(730)大倭国正税帳「租弐仟玖伯捌拾弐束肆把半」
※日本後紀‐大同三年(808)九月庚子「頻年不稔、民弊特甚、非租、何得自存

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

租の関連情報

他サービスで検索

「租」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.