Rakuten infoseek

辞書

租庸調【ソヨウチョウ】

デジタル大辞泉

そ‐よう‐ちょう〔‐テウ〕【租庸調】
中国、代の均田法下の税法。給田を受けた丁男(21~59歳)にしたもので、は粟(あわ)2石、は年20日(閏年は22日)の労役、または代納として1日当たり絹3尺、調は絹2丈と綿3両、または布2.5丈と麻3斤。8世紀後半、均田法の崩壊とともに両税法に移行した。
律令制で、唐制にならって行われた税制。→調

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そようちょう【租庸調】

[中国]
 隋・唐前期の主要税制。丁男(21~59歳)を対象に定額の穀物と布帛を課徴した点に特質があり,北魏の485年(太和9)に始まる均田法に対応する均賦制の発展したもの。その完成形態を示す唐の〈開元賦役令〉によりその大体を述すると,まず徴収対象は九品以上の官人や王公貴族および旌表者(忠孝節義を表彰された者),僧侶道士と身体障害者,部曲・奴隷等の賤民を除く良民の男子正丁に限定され,対象者(課口)でも,老親などのめんどうをみる者(侍丁),服喪者,兵士,色役(しきえき)従事者等は実際の徴収を免除された(見不輸(げんふゆ))。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そようちょう【租庸調】
中国、隋唐時代、均田法による土地給付に応じ国家に納めさせた税目の総称。唐代では丁男に対し年ごとに、粟二石(租)、中央政府の力役20日またはその代納(庸)、絹二丈と綿三両(調)を課した。のち均田制崩壊に伴い両税法に移行。
日本で、唐制にならい班田収授法を背景に施行された租税体系。 → 調

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そ‐よう‐ちょう ‥テウ【租庸調】
〘名〙
① 中国、唐代の均田制下の税法。その内容は、年ごとに、租は粟二石、庸は平年二〇日の労役または代納、調は絹二丈と綿三両など穀物以外の現物税で、給田を受けた丁男(二一~五九歳)に課した。のち均田制の崩壊とともに両税法に代わる。〔新唐書‐食貨志一〕
② 日本の令制のもとで行なわれた税法。班田収授法を背景に唐制を日本の実情に合わせ改変した。租は田一段に稲二束二把(実際には一束五把のことが多かった)、庸は年一〇日の歳役に代えて布を、調は布あるいは地方の特産物を納める。このほか、雑徭・兵士役などの負担義務もあった。→調

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

租庸調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

租庸調の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.