Rakuten infoseek

辞書

秘密【ヒミツ】

デジタル大辞泉

ひ‐みつ【秘密】
[名・形動]
他人に知られないようにすること。隠して人に見せたり教えたりしないこと。また、そのようなさまやそのような事柄。「秘密をもらす」「秘密にする」
「云わば―な悪事でも唆(そその)かすように」〈谷崎魔術師
一般に知られていないこと。また、公開されていないこと。「古代史の秘密
人に知らせない奥の手。秘訣(ひけつ)。「成功の秘密
仏語。
㋐深遠・微妙で容易に知りがたい奥義。
㋑ある隠された意味をもって説くこと。密教で大日如来の説法などをいう。
㋒真言宗の教義。密教。
[補説]書名別項。→秘密

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひみつ【秘密】[書名]
東野圭吾による長編小説。平成10年(1998)刊行。第52回日本推理作家協会賞(長編部門)受賞。交通事故死した妻の魂が娘の体に宿ってしまったことから、夫と父という二つの立場で葛藤する男の姿を描く。滝田洋二郎監督による映画化作品のほか、テレビドラマがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

秘密
1999年公開の日本映画。監督:滝田洋二郎、原作:東野圭吾による同名小説、脚本:斉藤ひろし。出演:広末涼子、小林薫、石田ゆり子、金子賢、伊藤英明、篠原ともえ、岸本加世子ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秘密
東野圭吾の長編ミステリー。1998年刊行。第52回日本推理作家協会賞受賞。1999年、広末涼子主演で映画化。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秘密
日本のテレビドラマ。放映はテレビ朝日系列(2010年10月~12月)。全9回。原作:東野圭吾による同名小説。脚本:吉田紀子。音楽:溝口肇。出演:志田未来、佐々木蔵之介ほか。ミステリー。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秘密
1952年公開の日本映画。監督:久松静児、原作:中村八朗、脚本:井手俊郎、音楽:斎藤一郎。出演:千田是也、田中絹代、宮城野由美子、若尾文子、東野英治郎ほか。第7回毎日映画コンクール音楽賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秘密
池波正太郎の時代小説。1987年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秘密
英国の作家P・D・ジェイムズのミステリー(2008)。原題《The Private Patient》。「アダム・ダルグリッシュ警視」シリーズ第14作。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秘密
TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1982年3~5月放映(全40回)。原作:松山善三。出演:上村香子、原田大二郎、黒田福美ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秘密
オーストラリアの作家ケイト・モートンのミステリー小説(2012)。原題《The Secret Keeper》。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひみつ【秘密】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
隠して人に知らせないこと。公開しないこと。また、その事柄。 「 -にする」 「 -がもれる」 「企業-」
人に知られないようにこっそりすること。 「 -に相談する」 「 -交渉」
人に知らせない秘法・秘術。 「 -の法ぞ不思議なる/浄瑠璃・井筒業平」
〘仏〙 最高の真理や教えが容易に知りがたく、奥深く隠されていること。特に真言宗では、自宗の真理のあり方として重視する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐みつ【秘密】
〘名〙
① (「秘奥深密」で容易に示さない教えの意) 仏語
(イ) 仏が理由があって、はっきりそれと示さないで説くこと。密意。〔大智度論‐一〇〇〕
(ロ) 天台宗で説く化儀の四教の一つ。仏が、聞く人たち相互の間に互いに何を聞いたか知らせないようにして説いた教えのこと。秘密教
※中右記‐天永二年(1111)三月二四日「仍有此事者。秘密之習、他人不是非也」 〔天台四教儀〕
(ハ) 真言の教え。その秘奥な教義内容などをいう。密教。秘密教。
※観智院本三宝絵(984)下「いただきのうへに水をうけたる心の中に花をなげむ事煩しきににたれども秘密のふかき道なれば」
(ニ) 特に、真言陀羅尼をいう。〔大宝積経‐七〕
② 人に知らせない奥の手秘法。秘術。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)九仙山「日本ひみつの炮烙火矢」
③ (形動) (━する) 公にしないこと。隠して他におしえないこと。また、その事柄やさま。
※菅家文草(900頃)四・題南山亡名処士壁「秘密郷村与姓名、年顔朽邁意分明」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「本紅(ほんもみ)の色にかはらぬ事を思ひ付、是を秘察(ヒミツ)して染込」
※ひかげの花(1934)〈永井荷風〉六「此晩のことはそれなり秘密に葬られてしまった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秘密」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秘密の関連情報

他サービスで検索

「秘密」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.