Rakuten infoseek

辞書

科料【かりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

科料
かりょう
(1) 犯罪行為に対する刑事制裁であって,一定金額の国庫への納付が強制される財産刑一種である。科料は現行刑法では 1000円以上1万円未満の財産刑で,金額の点で罰金と区別される (刑法 17) 。科料を完納しないには,1日以上 30日以下の労役場留置がなされる。科料は行政罰の一種である過料とは異なる。 (2) (a) 鎌倉時代刑罰の一つで,過怠別称。 (b) 1882年施行の旧刑法主刑の一つで,軽微な犯罪に科せられた財産刑。5銭以上1円 95銭以下とされていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐りょう〔クワレウ〕【科料】
刑法の規定する主刑の一。軽微な犯罪に科する財産刑で、刑の序列としては罰金より軽い。とがりょう。
罪科を償うために出す金品。
盗賊(どろぼう)の噺(はなし)をする奴にゃ―を出させるぞ」〈滑・七偏人・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かりょう【科料】
罰金と並ぶ財産刑で,日本で行われる刑罰のなかで最も軽いもの(刑法9条)。刑法は,科料の額を1000円以上1万円未満と定めている(17条)。科料を完納しえない場合,1日以上30日以下の期間,労役場に留置される(18条)。なお,過料と区別するため過料を〈あやまちりょう〉,科料を〈とがりょう〉と呼ぶこともある。【前田 雅英】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かりょう【科料】
刑法の定める刑罰の一。軽微な犯罪に科す財産刑。千円以上一万円未満。罰金より軽い。 法曹界では過料と区別するためとがりょうと読むことがある罰金

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とがりょう【科料】
過料と区別するための読み
かりょう(科料)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

科料
かりょう
罰金とともに規定される財産刑の一種。これらは金額の多少により区別され、現行刑法によれば、罰金が1万円以上(ただし、1万円未満に軽減できる)であるのに対し、科料は1000円以上1万円未満と規定されている(刑法15条、17条)。なお、法令中に「過料」があるが、これは刑罰ではないから、刑罰としての科料とは明確に区別される。[名和鐵郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐りょう クヮレウ【科料】
〘名〙
※東寺百合文書‐ほ・寛元元年(1243)一一月二五日・六波羅裁許状「時沢子重弘科事〈略〉被銭二貫科之間」
※滑稽本・七偏人(1857‐63)四「盗賊(どろばう)の噺しをする奴にゃ科料を出させるぞ」
② 刑法に規定する刑罰の一つ。軽微な犯罪に対して科せられる財産刑で、罰金よりも軽い。
※朝野新聞‐明治一九年(1886)三月三日「湯屋取締規則を犯し男女を混入せしめし廉にて、一円の科料を申付らる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

科料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

科料の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.