Rakuten infoseek

辞書

秋穂[町]【あいお】

世界大百科事典 第2版

あいお【秋穂[町]】
山口県中部,周防灘に面した吉敷(よしき)郡の町。人口8149(1995)。町域は半島状をなし,東は大海(おおみ)湾,西は秋穂湾に臨む。中央を南北に山地が走るため町域は二分されている。東側は中世以来長講堂領であった秋穂二島荘に属し,近世には盛んに干拓が行われた地域で穀倉地帯となっている。ミカン,タマネギ,キャベツの栽培が盛んで,ヒューム管,コンクリート製品の製造工場もあり,周防灘沿岸部の山では花コウ岩の採掘が行われている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

秋穂[町]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋穂[町]の関連情報

他サービスで検索

「秋穂[町]」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.