Rakuten infoseek

辞書

秋田【アキタ】

デジタル大辞泉

あき‐た【秋田】
稲の実っている田。
「植ゑて往(い)にし―刈るまで見えこねば今朝初雁の音(ね)にぞ鳴きぬる」〈古今・恋五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あきた【秋田】[地名]
東北地方北西部の県。県庁所在地は秋田市。かつての羽後大半陸中の一部を占める。人口108.6万(2010)。
秋田県中西部、雄物(おもの)川下流の市。県庁所在地。もと佐竹氏の城下町旧名久保田。8月に行われる竿灯(かんとう)祭は東北三大祭りの一。人口32.3万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あきた【秋田】[姓氏]
姓氏の一。
[補説]「秋田」姓の人物
秋田雨雀(あきたうじゃく)
秋田実(あきたみのる)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あきた【秋田】
東北地方西部の県。かつての羽後国の大半と陸中国の一部を占める。西は日本海で、中央は出羽山地、東部は奥羽山脈となる。北部の米代川流域に大館盆地・能代のしろ平野、南部の雄物おもの川流域に横手盆地・秋田平野がある。県庁所在地、秋田市。
秋田県中西部、雄物川下流域の市。県庁所在地。近世、佐竹氏二〇万石の城下町で、久保田と称した。商業が発達、また秋田港(土崎港)地区は製紙・食品・木工などの工業地帯。七夕の竿灯かんとう祭は有名。銀線細工・秋田ブキが特産。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あきた【秋田】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あき‐た【秋田】
[1] 〘名〙 (「あきだ」とも) =あき(秋)の田
万葉(8C後)八・一五五六「秋田刈る仮廬(かりほ)もいまだこほたねば雁が音(ね)寒し霜も置きぬがに」
[2]
[一] 秋田県中西部、雄物川河口の地名。古くは齶田(あぎだ)、飽田(あくだ)といい、天平五年(七三三)、出羽柵(いではのき)が高清水岡に置かれた。室町時代は安東氏が支配、江戸時代は久保田と呼ばれ、佐竹氏二〇万石の城下町として繁栄。明治二二年(一八八九)市制。県庁所在地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あきた【秋田】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.