Rakuten infoseek

辞書

秋田犬【あきたいぬ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秋田犬
あきたいぬ
イヌの1品種。かつては大館犬とも呼ばれていた。秋田県原産の大型日本犬で,祖先は秋田またぎと呼ばれる人々がシカ狩りやクマ狩りに用いた猟犬である。江戸時代に秋田藩主であった佐竹氏闘犬を好み,格闘力の増強をはかるため大型で力の強いを選別して飼育するようになった。以来,土佐犬や大型の洋犬との交配が行われ,雑化が目立ったため昭和初期に秋田犬本来の姿を復元しようという動きが現れ,第2次世界大戦後に純化固定されて現在の秋田犬が成立した。性質はおとなしいが,ときに他犬に対する攻撃性がみられる。体高は雄 64~70cm,雌 58~64cm。体重 35~45kg。体形はがっちりしており,頭部が大きい。立耳で尾はすべて巻尾である。被毛は中程度の長さ。毛色は赤と白が多いが,黒,虎,ごまなどもある。 1931年天然記念物に指定。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

秋田犬
秋田原産の大型の日本犬で、成犬の体高は60~70センチほどになる。飼い主に忠実な性格が特徴。大正時代に保存運動が起こり、1931年には天然記念物に指定された。
(2018-01-03 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

あきた‐いぬ【秋田犬】
日本犬の一品種。秋田県大館(おおだて)市付近の原産。体高約60センチ、体重約50キロに達する。元来は狩猟犬天然記念物。あきたけん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典

あきたいぬ【秋田犬】
秋田県原産の大型犬。秋田マタギという熊猟犬が祖先である。国の天然記念物に指定されている。忠犬ハチ公は、この品種。JKCでは、第5グループ(原始的な犬・スピッツ)に分類する。◇品種の英名はAkita。「あきたけん」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あきたけん【秋田犬】

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あきたいぬ【秋田犬】
原産地が秋田県の番犬(イラスト)。大館や鹿角地方発祥地で,秋田マタギという地犬が祖先といわれる。体高63~76cmの大型種。歴史はわずか100年余で浅く,明治中ごろまでは土佐闘犬に対抗する強力で精悍な闘犬化の育種が行われた。1911年に闘犬が禁止され衰退したが,大正から昭和にかけて性格や体軀(たいく)の育種改良が加えられ,現在の素朴で重厚な堂々たる体軀,しかも温和なイヌが完成され,31年に天然記念物に指定された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あきたいぬ【秋田犬】
イヌの一品種。秋田県大館付近原産。体高65センチメートル 程度。尾は太く、背の上に巻いている。勇猛で番犬に適する。天然記念物。あきたけん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

秋田犬
あきたけん
Akita dog
哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種で、原産地は秋田県大館(おおだて)、鹿角(かづの)地方である。この地に飼育されていた中形の獣猟犬に他犬種の血を交えて作出されたもので、およそ100年の歴史をもつ。昔は大館犬といわれたこともあった。かつて秋田県で闘犬が盛んだったころには、体格を大きくし格闘力を増すために土佐闘犬や他犬種との交雑が行われ、そのために雑化が目だったことがある。しかし闘犬は1901年(明治34)に禁止され、大正時代に入ってから日本犬保存運動熱もしだいに高まりをみせ、大形日本犬としての改良作出が進み、1931年(昭和6)には国の天然記念物に指定された。本種の保存は第二次世界大戦で打撃を被ったが、戦後再興が図られ、昭和30年代には著しく人気が高まり、ドッグショーへの出場頭数も増加した。立ち耳、巻き尾で堂々とした風貌(ふうぼう)はヨーロッパやアメリカの人々の関心をひき、アメリカ西海岸にも進出、今日のアメリカにおける本種の基礎を築いた。祖先は獣猟犬であったが、現在の本種は猟には用いられておらず、もっぱら家庭犬として根強い人気を保っている。毛色は赤、胡麻(ごま)毛、白、虎(とら)毛などで、尾はかならず背上に巻かねばならない。大きさは体高57.6~70センチメートル、体重約32~47.5キログラムである。[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あきた‐いぬ【秋田犬】
〘名〙 日本犬の一品種。原産地秋田県大館市付近。大形で肩高は雄で約六五センチメートル、雌で約六〇センチメートル。耳は立ち、尾は巻いて、頸(くび)が太い。がんじょうな体格をもつので、闘犬、番犬に用いられる。昭和一一年(一九三六)天然記念物に指定された。大館犬。あきたけん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あきた‐けん【秋田犬】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋田犬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋田犬の関連情報

他サービスで検索

「秋田犬」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.