Rakuten infoseek

辞書

秋田城介【アキタジョウノスケ】

デジタル大辞泉

あきたじょう‐の‐すけ〔あきたジヤウ‐〕【秋田城介】
古代の秋田城鎮衛司令官。平安中期ごろ出羽介が兼任、後期以後は空職化したが、武門の名誉とされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あきたじょうのすけ【秋田城介】
古代出羽国秋田城の司令官に由来する職制。平安初頭期から,国司の一員出羽介が秋田城務を兼ね,職制を出羽城介,秋田城司介,城介などと称するようになった。出羽介の城務兼任は官符,城務執行は蔵人所牒で,特別に任命。城務が蝦夷および外国貿易にも関知したからであろう。秋田城介と明記した初見史料例は,《陸奥話記》記載の平重成。前九年の役以後,城務は鎮守府将軍の兼務とされ,秋田城介補任は行われず,北奥羽の奥地の中世的郡郷制や蝦夷地編成は,鎮守府平泉を通じて推進された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あきたじょうのすけ【秋田城介】
秋田城の責任者。平安後期から出羽介でわのすけが兼任することとなって生まれた呼称。鎌倉時代以降空職化し、武家の名誉称号となって世襲化した。秋田城司。城介。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

秋田城介
あきたじょうのすけ
古代・中世の秋田城鎮衛(ちんえい)司令官。780年(宝亀11)鎮狄(ちんてき)将軍安倍家麻呂(あべのいえまろ)のとき、出羽介(でわのすけ)を城司と定めたことから始まり、出羽城介などともよぶ。980年(天元3)の城介平兼忠(たいらのかねただ)の任符が伝わる。その甥繁成(おいしげなり)も城介となり、以後城(じょう)氏を称す。『吾妻鏡(あづまかがみ)』は彼を初任者と誤認。1218年(建保6)安達景盛(あだちかげもり)が就任し子孫相承(う)け、南北朝期に葉室光久(はむろのみつひさ)が就任。天正(てんしょう)期(1573~1592)に織田信忠(おだのぶただ)も補任(ぶにん)。秋田安東(あんどう)氏も城介を称した。[新野直吉]
『新野直吉著『古代東北史の人々』(1978・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あきたじょう‐の‐すけ あきたジャウ‥【秋田城介】
〘名〙 平安時代以来の職制の一つ。出羽の蝦夷(えぞ)を経略するために置かれた秋田城の責任者。はじめ秋田城司(じょうし)があったが、平安中期頃に出羽介が兼任するようになって、秋田城介とよばれた。平安後期以後は空職化したが、長く織豊時代まで名誉の称号として武士の間で重んじられた。出羽城介(でわじょうのすけ)
※吾妻鏡‐建保六年(1218)六月二七日「秋田城介景盛」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋田城介」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋田城介の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.