Rakuten infoseek

辞書

秋分点【しゅうぶんてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

秋分点
しゅうぶんてん
autumnal equinox
黄道赤道交点のうち,太陽が赤道を北から南へ横切る点をいう。黄経 180°にあたる。 (→春分点 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅうぶん‐てん〔シウブン‐〕【秋分点】
天の赤道黄道との交点のうち、太陽が赤道をその北側から南側へ通過する点。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうぶんてん【秋分点 autumnal equinox】
天球上で黄道が赤道と交わる2点を分点と呼ぶが,そのうち,太陽が年周運動によって赤道の北側から南側に横切る点を秋分点という。すなわち,黄道上で黄経180゜の点である。太陽が秋分点を通過する瞬間が秋分であり,秋分を含む日を秋分の日と呼ぶ。現行暦では毎年9月23日ころである。この日太陽は真東から昇り真西に沈み,昼と夜の長さがほぼ等しくなる。なお,もう一つの分点は春分点である。【湯浅 学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅうぶんてん【秋分点】
天球上、黄道と赤道の交点のうち、太陽が北から南に赤道を通過する点。黄道上の黄経が180度の点。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅうぶん‐てん シウブン‥【秋分点】
〘名〙 黄道と天の赤道の交点のうち、太陽が赤道の北から南へ向かって通過する点。赤経・黄経一八〇度。赤緯・黄緯〇度。現在おとめ座西部にある。⇔春分点

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋分点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秋分点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.