Rakuten infoseek

辞書

【アタイ】

デジタル大辞泉

あたい【私】
[代]《「あたし」の音変化》一人称人代名詞。主に東京下町の婦女や小児が用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あたくし【私】
[代]《「わたくし」の音変化》一人称の人名詞。主として女性が用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あたし【私】
[代]《「わたし」の音変化》一人称の人代名詞。「わたし」よりもくだけた言い方。男女ともに用いたが、現在では主に女性が用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あっし【私】
[代]一人称の人代名詞。「わたし」のくだけた言い方。男性、特に職人などが多く用いる、いなせな感じの言い方。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あて【私】
[代]一人称の人代名詞。わたし。わて。京阪地方の庶民の用語で、主に女性が用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【私】
個人に関する事柄。わたくしごと。わたくし。「を滅する」⇔公(こう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【私】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]わたくし わたし ひそかに
学習漢字]6年
公でない、個人の立場。自分一身に関すること。わたくし。「私営私学私事私情私人私腹私欲私立私生活公私無私滅私奉公
ひそかに。表立たずに。「私語(しご)私淑
[難読]私語(ささめごと)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わい【私】
[代]
一人称の人代名詞。わし。おれ。「が話したる」
二人称の人代名詞。おまえ。われ。「はあほやな」
[補説]京阪地方で用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わし【私/×儂】
[代]《「わたし」の音変化》一人称の人代名詞。近世では女性が親しい相手に対して用いたが、現代では男性が、同輩以下の相手に対して用いる。「―がなんとかしよう」
「こな様それでも済もぞいの、―は病になるわいの」〈浄・曽根崎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わたい【私】
[代]《「わたし」の音変化》一人称の人代名詞。多く東京下町の女性や女児などが、親しい相手に対して用いる。あたい。
「もう―の名を御存じだよ」〈逍遥当世書生気質

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わたくし【私】
[名]
自分一人に関係のあること。個人的なこと。「の用事で欠勤する」⇔公(おおやけ)
公平さを欠いて、自分の都合や利益を優先すること。また、公共のための事物を私物化すること。「をはかる」
「造物主は天地万象を造りて―なし」〈逍遥小説神髄
公然でないこと。秘密であること。「に処する」
[代]一人称の人代名詞。多く、目上の人に対する時や、やや改まった場合に用いる。男女ともに使う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わたし【私】
[代]《「わたくし」の音変化》一人称の人代名詞。「わたくし」のくだけた言い方。現代では自分のことをさす最も一般的な語で、男女とも用いる。近世では主に女性が用いた。「の家はこの近くです」「としたことが」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わちき【私】
[代]一人称の人代名詞。江戸の遊女が用いた語。町家の娘が用いることもある。
「―の口から失礼ざますけれど」〈魯文安愚楽鍋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わっし【私】
[代]《「わたし」の音変化》一人称の人代名詞。わっち。
「実あ―もあの隠居さんを頼って来たんですよ」〈漱石草枕

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わっち【私】
[代]《「わたし」の音変化》一人称の人代名詞。職人や遊女などが用いた語。
「―には頭(てん)から解りませぬ」〈露伴五重塔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わて【私】
[代]《「わたい」の音変化》一人称の人代名詞。わたし。あて。初め女性語であったが、後には男性も用いた。主に関西地方で使われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わらわ〔わらは〕【私/×妾】
[代]《「わらわ(童)」の意から》一人称の人代名詞。女性がへりくだって自分をいう語。近世では、特に武家の女性が用いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わたくし【私】
私の古字は厶である。厶は,音はボウであり,意味は〈それがし(某)〉である。は,原意は茎つきの穀物(たとえば稲やキビ)であり,じて穀類を総称するようになった。したがって,私の原イメージは農耕する民衆の姿である。これに対して,(おおやけ)は,大宅大家から,皇居,天皇,朝廷,政府,国家,社会などを意味するようになった。公共,公正,公論と私腹,私欲,私論対比にみられるように,公がプラスの価値であり,私がマイナスの価値であるとされてきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

し【私】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あたい【私】
( 代 )
〔「あたし」の転〕
一人称。「あたし」よりくだけた言い方。主として東京下町や花柳界の女性や子供が用いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あたくし【私】
( 代 )
〔「わたくし」の転〕
一人称。「あたし」より丁寧で、「わたくし」よりはややくだけた言い方。主に女性が用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あたし【私】
( 代 )
〔「わたし」の転〕
一人称。「わたし」よりややくだけた言い方。主に女性が用いる。 「 -に貴姉あなたのことを聞て来て呉れろつて/二少女 独歩

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あっし【私】
( 代 )
〔「あたし」の転〕
一人称。職人などが用いる、いなせな言い方。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あて【私】
( 代 )
〔「わて」の転〕
一人称。わたし。京阪地方で、主に女性が用いる。 → わて

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【私】
自分個人に関すること。わたくし。 「公と-と」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わい【私】
( 代 )
(主として関西地方で)一人称。わし。 「今晩-どもと同伴して/当世書生気質 逍遥
二人称。同等もしくは目下の者に用いる。おまえ。 「 -は生命が惜しくないのか/同志の人々 有三

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わたい【私】
( 代 )
〔「わたし」の転〕
一人称。主として、東京下町の女性などが、心やすい人との対話などで用いる。近世後期には、芸娼妓などが用いた。あたい。 「 -なぞへは御心配をかけないんですよう/当世書生気質 逍遥」 「おや、-かえ、ちつと/人情本・辰巳園

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わたくし【私】
( 名 )
自分自身に関すること。個人的なこと。 「公と-の区別」
自分だけの利益や都合を考えること。自分勝手。私利私欲。 「 -のない誠実な人」
内密にすること。 「このことは-に願います」
( 代 )
一人称。男女ともに丁寧な言い方として、多く目上の人に対するときやあらたまった場面などで用いられる。 「 -は山下と申します」 「 -もお供いたします」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わたし【私】
( 代 )
〔「わたくし」の転。近世以降の語〕
一人称。「わたくし」よりもうちとけた場で用いる。現在、一人称としてもっとも普通の語で、男女ともに用いる。 「 -の読んだ本」 〔近世においては、女性が多く用い、特に武士階級の男性が用いることはなかった〕
[句項目] 私としたことが

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わちき【私】
( 代 )
一人称。江戸の遊女・芸妓などが用いた語。町家の娘が用いることもある。わたし。 「今ぢやあ-のことなんざあ思ひ出しもしてはおくんなさるまいね/人情本・梅児誉美 」 「そんなら-がわりいから堪忍しておくんなさいな/人情本・梅児誉美

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わっし【私】
( 代 )
〔「わたし」の転〕
一人称。「わっち」に同じ。 「あの隠居が東京に居た時分、-が近所にゐて/草枕 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わっち【私】
( 代 )
〔「わたし」の転〕
一人称。身分の低い階層の男女が用いる。わっし。 「かう見えて、-も江戸つ子だからね/草枕 漱石」 〔もと奴詞やつこことば。のち、町家の女性や遊女なども用いるようになった。「さ候はば-めが鉄砲・鑓脇をおつつめ申すべい/雑兵物語」「みづからを捨てて-を御寵愛/柳多留 48」〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わて【私】
( 代 )
〔「わたい」の転〕
一人称。わたし。関西地方で用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あし【私】
〘代名〙 自称。わたし。
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉七「あしは約束のあるものを横取りする積はない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あたくし【私】
〘代名〙 (「わたくし(私)」の変化した語) 自称。主として女性が用いる。
多情仏心(1922‐23)〈里見弴〉病気見舞「あたくしから、一度お願ひしたことがある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あたし【私】
〘代名〙 (「わたし(私)」の変化した語) 自称。主として女性が用い、ややくだけた語感を持つ。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「私(アタシ)に食って懸った者がある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【私】
〘名〙
① (「公」に対して) 自分自身や自分の家に関すること。わたくし。
人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)二「其名を手古奈三郎と呼び、家は保元の古昔より、源平両家の諸士に会合(まじは)り、私(シ)の党の地侍と共に公役(くやく)を勤め」 〔書経‐周官〕
② 自分自身や自分の家に関する利益だけを考えること。〔老子‐一九〕
③ 表だってあきらかにしないこと。秘密。〔礼記‐曲礼上〕
④ 女性が、その姉妹の夫を呼ぶ称。〔十巻本和名抄(934頃)〕 〔詩経‐衛風・碩人〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わし【私】
〘代名〙 (「わたし」の変化したもの) 自称。近世、主として女性が用いた。現在では、尊大感を伴って目下の者に対して、男性が用いる。
浄瑠璃・当麻中将姫(1714頃)三「わしはかやうに落ぶれて路頭に迷よひありく事」
滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)二「わしがせずことを見さしゃいまし」
[補注]近世前期では、女性は「こな様」「こなた」、男性は「こなた」と呼ぶような目上の相手に対する自称として用いた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わしゃ【私】
〘連語〙 (代名詞「わし」に助詞「は」の付いた「わしは」の変化した語) わたしは。
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「わしゃあぶなふてきやきやする」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わたい【私】
〘代名〙 (「わたし」の変化した語) 自称。江戸後期では芸娼妓の類が用いた。明治以後も多くは女性が用いる。あたい。
※洒落本・仕懸文庫(1791)四「ソレヨわたいがてへこに出てしかもそのばん雪よしで一座アしたアな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わたくし【私】
[1] 〘名〙
① 公(おおやけ)に対して、その人個人に関すること。自己一身にかかわること。うちうちのこと。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇三「これにそはれる わたくしの おいのかずさへ やよければ〈壬生忠岑〉」
※大鏡(12C前)一「むかしより帝王の御領にてのみさぶらふところの、いまさらにわたくしの領になり侍らんは」
② 公平さ、公正さを欠いた、その人本位の好悪などの感情。えこひいきする心。不平等なとりはからい。私情。私心。
※守護国界主陀羅尼経平安中期点(1000頃)「諸の人王私(ワタクシ)無く、平等にして能く国の政を治む」
③ 自分の利益をはかって不法を行なうこと。自己の利益のために、不法に公共の財物を自分のものとすること。
※仮名草子・清水物語(1638)上「その主君のめしつかひやうのわたくしなるよりおこり候」
④ 公然ではないこと。公の手続きを経ないこと。ひそか。内々に。秘密。隠密。
※義経記(室町中か)三「され共介の八郎はいまだ見えず、わたくしに広常申けるは」
⑤ 自分勝手。ほしいまま。
俳諧・去来抄(1702‐04)故実「古式を敗り給ふ事も有。されど私に敗るは稀也」
※洒落本・浪花色八卦(1757)龍胆卦「綿初穂のわたくし、新麦のぬけものが銭と化して」
[2] 〘代名〙 自称。男女ともに丁寧な言い方として、多く目上の人に対して用いる。また、今日では、改まった言い方をする時などにも用いる。
※春のみやまぢ(1280)八月二日「わたくしの硯一番に立てられて」
※玉塵抄(1563)九「わたくしは天子王位のいやしい私な者ぞ。家臣称私、ここらにも吾を卑下して私と云ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わたくし‐・する【私】
[1] 〘自サ変〙 わたくし・す 〘自サ変〙 自分勝手をする。身勝手にふるまう。〔文明本節用集(室町中)〕
※浮世草子・世間胸算用(1692)三「親かたのたしかにしらぬ売がけは死帳に付捨、さまざまにわたくしする事」
[2] 〘他サ変〙 わたくし・す 〘他サ変〙 公的なものを自分のもののように扱う。
童子問(1707)中「世之学者、各私其師門、互相詆譏」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わたし【私】
〘代名〙 (「わたくし」の変化した語) 自称。「わたくし」よりくだけた言い方。現在では自分をさす、もっとも普通のことば。〔男重宝記(元祿六年)(1693)〕
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「私(ワタシ)はモウ、母人(おっかさん)ででもあるよふに思はれてかなしいヨ」
[補注]近世においては、女性が多く用い、ことに武家階級の男性は用いなかった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わちき【私】
〘代名〙 (「わたくし」の変化) 自称。江戸の芸娼妓の用いた語。町家の娘が用いることもある。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「わちきゃア最(もふ)、知れめへかと思って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わっし【私】
〘代名〙 (「わたし」の変化した語) =わっち(私)
歌舞伎・傾情吾嬬鑑(1788)五立「私(ワッ)しどもはとんだ目に遭ひませうでござります」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わっち【私】
〘代名〙 (「わたし」の変化した語) 自称。身分の低い階層の男女が用いる。わっし。
※俳諧・やつこはいかい(1667)「所の名どもがつづきて、わっちめらはいやで御ざある」
※文明田舎問答(1878)〈松田敏足〉学校「僕(ワッチ)がトット気にくわぬは、彼今の学校だ」
[補注]近世初期、足軽などが用いたが、宝暦一七五一‐六四)ごろからは、町家の婦女や遊女も用いるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

私の関連情報

他サービスで検索

「私」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.