Rakuten infoseek

辞書

私淑【シシュク】

デジタル大辞泉

し‐しゅく【私淑】
[名](スル)《「孟子」離婁下の「子は(ひそ)かにこれを人よりうけて(よし)とするなり」から》直接に教えは受けないが、ひそかにその人を師と考えて尊敬し、模範として学ぶこと。「私淑する小説家

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ししゅく【私淑】
( 名 ) スル
〔「孟子離婁下」より。私ひそかに淑しとする意〕
直接教えを受けたわけではないが、著作などを通じて傾倒して師と仰ぐこと。 「 -する作家」 〔直接指導を受けたことのある人に対して用いるのは誤り〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐しゅく【私淑】
〘名〙 (「私」はひそか、「淑」はよしとする意) 敬慕する人に直接教えを受けることはできないが、ひそかに尊敬し、模範として学ぶこと。教えを受けたことはないが、尊敬する人をひそかに師と仰ぐこと。
※訳文筌蹄初編(1714‐15)一「私淑は孟子に出でて直に其人の弟子になることを得ず」
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉窓から眺める「蘆花がトルストイに私淑してゐた乎否乎は知らぬが」 〔孟子‐離婁・下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

私淑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

私淑の関連情報

他サービスで検索

「私淑」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.