Rakuten infoseek

辞書

私情【シジョウ】

デジタル大辞泉

し‐じょう〔‐ジヤウ〕【私情】
個人的な感情。私意。「私情にとらわれる」「私情を交える」「私情を捨てる」
利己的な心。私心。
「先方の利益を思うよりもわが―を満足さすばかりの」〈蘆花思出の記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しじょう【私情】
個人的な感情。 -をさしはさむ
利己的な心。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐じょう ‥ジャウ【私情】
〘名〙
① 個人の立場に立っての感情。個人的な感情。
※菅家文草(900頃)五「金吾相公、抂賜遣懐、答謝之後、偶有御製、〈略〉某不喜、兼叙私情、有白日
※陸海軍軍人に下し賜はりたる勅諭‐明治一五年(1882)一月四日「公道の理非踏迷ひて、情の信義を守り」 〔晉書‐后妃伝論〕
② 自分の欲望を満たしたいと思う感情。自分につごうのいい感情。私心
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)二「私情(シジャウ)を身儘になさん事、人たる道にあるべからずと」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「先方の利益を思ふよりも吾私情を満足さすばかりの仁恵」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

私情」の用語解説はコトバンクが提供しています。

私情の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.