Rakuten infoseek

辞書

【シュウ】

デジタル大辞泉

しゅう〔シウ〕【秀】
すぐれていること。また、その人。
成績などの段階を示す語。最もすぐれていることを表す。「・優・良・可」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう【秀】[漢字項目]
常用漢字] [音]シュウ(シウ)(漢) [訓]ひいでる ほ
他より抜きん出る。ひときわすぐれる。「秀逸秀才秀作秀抜閨秀(けいしゅう)俊秀優秀
[名のり]さかえ・しげる・すえ・ひいず・ひで・ひでし・ほず・ほら・みつ・みのる・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ【秀】
《「穂(ほ)」と同語源》
外形が人目につきやすく突き出ていること。また、そのもの。「杉の
「見渡せば明石の浦に燭(とも)す火の―にそ出でぬる妹に恋ふらく」〈・三二六〉
内容が他よりすぐれていること。また、そのもの。
「百千足(ももちだ)る家庭(やには)も見ゆ国の―も見ゆ」〈・中・歌謡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ひで
?-? 江戸時代中期の女性。
宝暦8年(1758)阿波(あわ)重清(しげきよ)(徳島県美馬町)で,庄屋の不正枡による年貢米取り立てに抗議し,入婿の夫にかわってひとりで藩主直訴。庄屋の不正はただされたが秀は処刑された。夫は追放刑となり自害。のち同村に秀塚神社がたてられた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

しゅう【秀】
成績・品質などを示す段階の一。「優」よりさらによく、最上位であることを表す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ【秀】
と同源
内容的にすぐれたもの。すぐれたところ。 家庭やにわも見ゆ国の-も見ゆ/古事記
外形的に目立つもの。外にあらわれたもの。 ともす火の-にそ出でぬる/万葉集 326 ほつ枝 ほつ手 ほつ鷹のように、助詞を伴って連体修飾語になることが多い。単独で使われる場合も、火のほ波のほのように…のという連体修飾語を受けることが多い。岩ほ垣ほほ倉などのように複合語としても用いられる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう シウ【秀】
〘名〙
① すぐれていること。ひいでること。また、その人。優秀。
※正法眼蔵(1231‐53)谿声山色「春松の操あり、秋菊の秀ある、即是なるのみなり」 〔晉書‐王導伝〕
② 評価等級に用いて、優秀なものをいう。
③ 植物の穂をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐い・でる【秀】
〘自ダ下一〙 ひい・づ 〘自ダ下二〙 (「穂(ほ)出でる」の変化した語)
① 穂がつき出る。
※足利本論語抄(16C)子罕第九「処群華は草の秀たる㒵そ余の草よりは高出なるを云也」
② 他よりもすぐれる。ぬきんでる。傑出する。また、多くの中から頭角を現わす。ひず。〔成唯識論述記序釈(797頃)〕
※霊異記(810‐824)中「土(くに)を厭ふに異に秀(ヒイデニタル)者なり。〈国会図書館本訓釈 秀 勝也 須久礼爾多留 又云備伊弖爾多流〉」
③ くっきりとしていて目立つ。また、秀麗である。ひず。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「秀(ヒイデ)た眉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ・ず ひづ【秀】
〘自ダ下二〙 (「穂(ほ)(い)づ」の変化したもの)
① 穂が出る。草などが穂を出す。
※万葉(8C後)七・一三五三「石上(いそのかみ)布留の早稲田を秀(ひで)ずとも縄(なは)だに延(は)へよ守りつつ居らむ」
② 人の能力が他よりぬきんでる。ひいでる。〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕
※愚管抄(1220)四「和漢の才にみなひでて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ【秀】
〘名〙 (「ほ(穂)」と同語源) 高くひいでているもの。外形的に、他のものに比べて高くとび出していて目につくようなものをいうとともに、内容的にすぐれたものをいうこともある。単独で使われる場合も、「…の」という連体修飾語をうけることが多く、また、助詞「つ」を伴って、「ほつ鷹(たか)」「ほつ手(て)」「ほつ真国(まくに)」などのように連体修飾語になることも多い。さらに、「岩ほ」「垣ほ」「ほ倉」などのように熟して用いる。
※古事記(712)中・歌謡「千葉の 葛野(かづの)を見れば 百千足(ももちだ)る 家庭(やには)も見ゆ 国の富(ホ)も見ゆ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐い・ず ‥いづ【秀】
〘自ダ下二〙 ⇒ひいでる(秀)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

秀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.