Rakuten infoseek

辞書

禾本【かほん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

禾本
かほん
Gramineae; grass
イネ科植物をさす。英語の grassは来このイネ科草本だけをさす言葉で日本語の草,つまり木本に対する草本よりもずっと狭い意味である。イネ科の特徴は,一般に節があって中空の幹 (稈と呼ぶ。例外的にはトウモロコシのように中実のものもある) があり,線形の長い葉は平行脈で下半部は鞘をなし,葉鞘と葉身の境に膜状の葉舌がある。花は小穂と呼ばれる独特の構造をもち,この小穂がそれ自体小さな花の集りである。したがって花穂はこの小穂の集り,つまり花序の花序である。小穂には包穎,外花穎,内花穎などがあり,内花穎に包まれておしべとめしべがある。これが熟したものが穎果である。イネ科 (禾本科) には,イネ,ムギ,サトウキビ,トウモロコシなど最も重要な農作物が含まれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐ほん〔クワ‐〕【×禾本】
イネ科の植物の総称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐ほん クヮ‥【禾本】
〘名〙 稲、麦、トウモロコシ、ススキなど、植物分類上で稲科の植物をいう語。〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禾本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禾本の関連情報

関連キーワード

コウボウシルパス泥炭オガルカヤカザン(Elia Kazan)外国の天気俚諺草の根草の葉ベント芝隣の芝生は青いウィンブルドン・テニス大会

他サービスで検索

「禾本」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.